シミの悩みは、体の外側だけでなく内側からもケアすることが大切

シミに効く食べ物って?今から出来る対策とは

鏡を見て見つけてしまった思いがけないシミ。 小さくてもそれは嫌なものですよね。 シミ対策と言えば、日焼け止めなどの紫外線 … 続きを読む シミに効く食べ物って?今から出来る対策とは

この記事は約8分で読み終わります。

シミの悩みは、体の外側だけでなく内側からもケアすることが大切
シミの悩みは、体の外側だけでなく内側からもケアすることが大切

鏡を見て見つけてしまった思いがけないシミ。

小さくてもそれは嫌なものですよね。

シミ対策と言えば、日焼け止めなどの紫外線対策や美白化粧品でのスキンケアですが、今あるシミを薄くしたい、これ以上増やしたくない!」という悩みは、体の外側だけでなく内側からもケアすることが、美白への近道となります

シミ対策に効果的な食べ物を摂るという対策なら、毎日の食事の中に加えていくだけなので、今からできる対策ですよね。

シミに効く食べ物と栄養バランスのとれた食事で肌の内側からアプローチし、美白へと導いていきましょう。

美容皮膚科医 木村なお先生
  • ■この記事の監修者
  • ■美容皮膚科医 木村なお先生
  • 久留米大学医学部卒業。学生時代に自身もお肌トラブルに悩んだ時期があり、美容皮膚科で治療を受けたことがある。その経験を通して、外見のお悩みの解決が日々の幸福度を上げると実感し、美容医療に興味を持つようになった。現在は、美容皮膚科医として日々診療において美肌作りをサポートしている。

どんなシミ対策が効果的?

身体の内側からのケアでシミ対策
食べ物に気を付けることでシミ対策をおこなおう

適切なシミ対策を行えば、シミを薄くしたり、薄いシミならば、正しいケアでほとんど見えないくらいにしたりすることも可能です。

シミのできた皮膚ではメラニンが過剰に作り続けられ、シミがだんだんと濃くなっていきます。

過剰なメラニン生成の働きを抑えるために、メラニンのケアをすることも重要です。

シミのある皮膚は通常の皮膚よりもターンオーバーが滞り、メラニンが蓄積しやすい状態になっています。

ターンオーバーを正常化させ、メラニンの排出を促進することでシミを薄くすることができます。

シミ対策にはまず日焼け止めや帽子などの紫外線対策が重要です

美白化粧品によるスキンケアでメラニンの過剰生成や蓄積を防ぐことも効果的です。

美容皮膚科などによるシミ治療を受ける方法もあります。

お肌の外側からのシミ対策の方法はたくさんありますが、シミは代謝を重ねて体外へ排出されていくため、同時に体の内側からのシミ対策も非常に大切なケアになります。

シミを改善したり、できにくい体質に導いたりする食品の摂取も効果的です。

それは、バランスの良い食事と規則正しい生活習慣を整えたうえで、シミ対策に効果が期待できる食べものを摂り入れていくことです。

では、どんな栄養素が含まれた食べ物がシミ対策に効果的なのかチェックしていきましょう。

シミに効く食べ物とは

シミに効く食べ物とは、シミの原因となるメラニンの生成を抑制したり、メラニンの沈着予防、肌の新陳代謝を促す働きのある栄養素などを含んだりするものになります

このような作用のある栄養素を含んだ食べ物で摂取することで、シミのできにくい肌へと導いていくことができます。

ではその栄養素とはたらき、具体的な食べ物について見ていきましょう。

ビタミンAが含まれる食べ物

ビタミンAが含まれる食べ物ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つために必要な栄養素であり、肌の基礎体力をあげるために必要不可欠な存在です

シミ対策においてはメラニンの生成を促進する活性酵素の働きを抑える効果が期待できます。

<ビタミンAを含む食べ物>
緑黄色野菜(ほうれん草、ニンジン、かぼちゃなど)バジル、シソ、レバー、うなぎ、乳製品など

脂溶性ビタミンと言われ、脂質があるとより吸収率がアップします。

そのため、ニンジンやほうれん草などの緑黄色野菜は炒め物など油料理で食べるとムダなく栄養を摂取することができるのでおすすめです。

ビタミンCが含まれる食べ物

ビタミンCが含まれる食べ物ビタミンCは、抗酸化作用のある水溶性ビタミン。

メラニン色素のもととなる「チロシナーゼ」の働きを阻害したり、メラニン色素の生成を抑制、沈着を予防したりするといった作用があります

<ビタミンCを含む食べ物>
アセロラ、キウイフルーツ、ゆず、レモン、柿、パプリカ、ゴーヤなど

ただし、ビタミンCには「熱に弱い」「水に流れやすい」という性質があるので、野菜は茹でないで生で食べたり、フルーツはサッと洗って食べたりすることで効率よくビタミンCを摂取することができます。

また、ビタミンCは体内に溜め込むことができないため、数回に分けて摂取することも大切です。

レモン・オレンジ・グレープフルーツなどの柑橘系は夜食べるようにしましょう。

朝、柑橘系の果物を口にしたあとで紫外線を浴びるとシミや色素沈着を引き起こす可能性があります。(※光毒性)

ビタミンEが含まれる食べ物

ビタミンEが含まれる食べ物ビタミンEには強い抗酸化作用があり、「若返りのビタミン」とも呼ばれる脂溶性のビタミンです。

肌のターンオーバーをサポートする働きがあるため、色素沈着をしている細胞が排出されやすくなり、シミの目立たない美しい肌に近づくことができます

また、脂肪の酸化を防いで血液の循環もサポートするため、老化対策にもつながり肌の色ツヤをもたらしてくれます。

<ビタミンEを含む食べ物>
アーモンドなどのナッツ類、アボカド、ほうれん草、かぼちゃなどの緑黄色野菜、うなぎ、アジ、大豆、植物油、小麦発芽など

ちなみに1日のビタミンEの摂取目安量が設けられています。
女性は6.5mg・男性は7mg
不足しすぎは良くありませんが、過剰摂取も体によくないので注意をしましょう。

食物繊維が含まれる食べ物

食物繊維が含まれる食べ物一説には、腸内環境の悪化が肌のターンオーバー(新陳代謝)にも影響を与える可能性があると考えられています。

肌のターンオーバーが乱れてしまうとメラニンの排出がスムーズではなくなってしまいます。

肌の新陳代謝を高めるためには、体内のめぐりを良くすることが大切です

栄養バランスのとれた食事をしっかり摂り、そしてしっかり出す体内習慣を作りましょう。

特に便秘しがちな方で食物繊維が摂れていないかも…という場合は、食物繊維を多く含んだ食品を積極的に摂りましょう。

食物繊維の1日摂取目安量は女性で18g以上です。

<食物繊維が含まれる食べ物>
野菜、きのこ、海藻、いも類、豆類(大豆、納豆など)、果物など

普段食べている白米を健康食材として知られる発芽玄米にするのもおすすめです。茶碗1杯(140g)あたりに2.5gの食物繊維が含まれています。

食物繊維が直接肌に作用するわけではありませんが、便秘対策をおこなうことでシミ対策につながります。

シミに効く食べ物を使ったおすすめ料理

アボカドの和え物
アボカドの和え物

「食べる美容液」と呼ばれるほど美容に嬉しい成分が豊富に含まれているアボカドは、サラダや和え物にすると幅広くアレンジもできて食べやすい食材です

ビタミンCが豊富なブロッコリー、美白効果でも注目されているリコピンを豊富に含んでいるトマトとの相性も抜群です。

サラダとしてもサンドウィッチにするのもおすすめです。

かぼちゃと人参のポタージュスープ
かぼちゃと人参のポタージュスープ

カボチャにはシミに効くビタミンA・C・Eをはじめミネラルも含まれていて、人参にはビタミンAが豊富に含まれています。

すりおろしてポタージュスープにすれば、食欲がない時や簡単に済ませたいときにも嬉しいメニューになるでしょう。

冷凍保存もできるので、たくさん作ってストックしておくとより手軽に食べられます。

美味しく、そして効率よく栄養を摂取してシミ対策をしていきましょう。

食べ物だけではシミ対策が不十分だと感じるなら

食べ物や美白化粧品でのシミ対策は地道に続けることで効果が期待できるものです。

食べ物だけではシミ対策が不十分だと感じたり、即効性のあるシミ対策を求める場合は、美容皮膚科でシミ治療を受けるというのも1つの方法です

シミの治療では、主に外用薬、レーザー治療、光治療といった方法があります。

光治療の「フォトフェイシャル」という方法は、IPL(Intense Pulsed Light)という光を照射することで真皮層にまで働きかけ皮膚を活性化させることができます

すると沈着してしまったメラニン色素が浮き上がり、数日後に皮膚の代謝で徐々に薄くなっていく効果が期待できるのです。

さらに高濃度ビタミンCを使った「イオン導入」の併用で、より効果的で即効性のあるシミ治療を受けることも。

また、単にシミの色を薄くするだけでなく、肌全体の美しさに配慮した治療であるため、毛穴、小じわ、脂性肌、ハリ、赤ら顔を同時に改善することもできます。

光を照射するだけで肌への負担が少ない方法なので、施術後も洗顔やメイクができるというのもフォトフェイシャルの特徴の1つです。

シミ治療も進化し、スキンケアと同じ感覚で受けられるシミ治療も効果が期待できます。

光治療「フォトフェイシャルについてもっと詳しく」

まとめ

シミ対策は1つではありませんが、シミに効く食べ物を摂取することで、シミのできにくい肌へと導くことができます。

今回、シミに効く食べ物ということで主に4つの栄養素と食材を紹介させていただきました。

食べ物なら今から始めることができる上に続けやすいシミ対策ですよね。

健康的な肌を保つために、バランスの良い食事と規則正しい生活習慣を整えたうえで、シミに効く食べ物を積極的に摂り入れていきましょう

毎日コツコツと続けて、肌が本来持っている美しさを引き出していきましょう。

0
この記事に関するお問合わせ

    TagKeywordこの記事のタグ