美容液とは何か

美容のアドバイザー「キレナビ」がおすすめする〈美容液〉ドクターズコスメ

何気なく美容液を使っている方が多いと思います。 ちまたには美容液が市販されているもの、ドクターズコスメとして販売されてい … 続きを読む 美容のアドバイザー「キレナビ」がおすすめする〈美容液〉ドクターズコスメ

この記事は約11分で読み終わります。

自分に合った美容液を見つけよう何気なく美容液を使っている方が多いと思います。

ちまたには美容液が市販されているもの、ドクターズコスメとして販売されているもの様々です。この多くある美容液の中から自分に合った美容液を探すのはなかなか大変でしょう

そこで今回は、美容液とは何か、という基本を説明しながらおすすめのドクターズコスメを紹介します。

美容液について基本的なこと

一口に美容液と言ってもどんなものを美容液というのでしょうか。いわゆる効能効果的なことをうたっている商品はありますが、以下のことは押さえておきましょう。

・美容液に毛穴を小さくする効果が認められたものはありませんが、美容液が肌にハリを与えることで毛穴が目立ちにくくなることがあります。
・美容液にニキビを治したり、ニキビ跡を改善・補修したりする効果効能が認められている商品はありませんが、ニキビ肌やニキビ跡が残る肌を保湿する効果があります。また、医薬部外品に該当する薬用美容液では、ニキビを予防する効果効能が認められた商品があります。

煽情的に、毛穴が小さくなる!ニキビに効果がある!とうたっている美容液があるかと思いますが、そういうキャッチコピーには注意しましょう。

美容液とはなにか

美容液とは何かまず美容液とは何か、という基本的なことを抑えましょう。

美容液は乾燥やハリ不足・キメの乱れなどの肌悩みに合わせて、保湿成分や美白成分などが化粧水などよりもたっぷり含まれているスキンケアアイテムのことをいいます

簡単に言えば、保湿成分と肌にやさしい美容成分をお肌に補っていく、ということになります。

補っていくことで、自分が理想とする肌にアプローチすることができるのです。

どのように美容液を選んでいくのか

数ある美容液の中からどのように選んでいくのか。いくつかポイントがあるので、それについて解説していきます。

自分のお肌の悩みにあったものを選ぶ

美容液選びに重要なのは自分の肌の状態を知る美容液には保湿や美白、ニキビケアなど、さまざまな種類があり、自分の肌悩みに合わせて選ぶことが重要です。

ですので、自分は何に悩んでいるのか、まずは自分のお肌の悩みとしっかりと向き合いましょう

お肌の乾燥が気になる方

乾燥が気になる人はやはり「保湿」に特化した美容液がおすすめとなります。

基本どの美容液を選んでも保湿効果はあるものですが、乾燥が気になる人はそれらのなかでも特に保湿成分が多く配合されている美容液を選んでいきましょう

どのような保湿成分がいいのかというと以下のような成分が代表的なものとなります。

美容液のラベルをみて、参考にしてみましょう。

乾燥対策におすすめの保湿成分
・ヒアルロン酸
・アミノ酸
・セラミド
・コラーゲン
・エラスチン
・天然保湿因子(NMF)
・ヒト幹細胞順化培養エキス

以上が代表的な保湿成分ですが、その他にも最近はやりの、植物エキス等の成分もあります。テスターなどで、自分に合った保湿美容液を見つけ、保湿ケアをしていきましょう。

シミ・そばかすが気になる方

美白に効果がある!というキャッチコピーで販売している美容液がありますが、それは注意が必要です。

厳密にいうと、美白美容液といえるのは、「医薬部外品」の美容液だけです

因みに、美白とは「メラニンの生成を抑え、シミそばかすを防ぐこと」を指します。

だから、正確に言えば、お肌を白くするというわけではないです。そこは注意が必要です。

ただ、「メラニンの生成を抑え、シミそばかすを防ぐこと」ということで、これはこれで美白にとって重要な要素ですから、美白を追求したい人にとっては、美白の医薬部外品を使うという選択肢を持っておきましょう。

美白成分としては以下のような成分が挙げられます。

以下の成分が配合された美容液を使って、シミ・そばかすを予防しましょう。

代表的な美白有効成分
・カモミラET
・トラネキサム酸
・アルブチン
・ビタミンC誘導体
・コウジ酸
・リノール酸S
・ルシノール

美白美容液を使用する際に注意していただきたいのは、美白美容液に含まれる有効成分は、人によって刺激を感じる場合があります。

肌が敏感な人は顔に使う前に一度手元などで試してみてから使うことをおすすめします。

毛穴が気になる方

毛穴が目立つということで、お悩みの方は多いでしょう。

ただ、ひとくちに毛穴ケアといっても毛穴のハリ不足や毛穴の汚れなど毛穴なお悩みの中身は様々です。

その悩みによって選ぶべき美容液は分かれます

まず、毛穴の汚れが気になる人は、ピーリング美容液で角質ケアですね。

また、脂性肌で悩まれている場合は、皮脂ケアが重要となります。

そして、乾燥肌による毛穴ケアとなれば、保湿とキメを整えるケアが必要となります。

様々なケアの仕方がりますので、まずは自分の毛穴の状態を探りましょう。

ニキビが気になる方

大人ニキビに悩んでいる方は多いでしょう。

ニキビケアの代表的な成分と言えばビタミンC誘導体です

その他にも、ニキビ予防やニキビ跡ケアによって、おすすめする成分がありますので、以下を参考にしていただければと思います。

ニキビ予防におすすめの成分例
・グリチルリチン酸ジカリウム
・サリチル酸
ニキビ跡ケアにおすすめの成分例
・セラミド
・ヒト幹細胞順化培養エキス
・プラセンタエキス
・卵殻膜
・フラーレン
・EGF
・サリチル酸

色々ありますので、テストをしながら自分に合ったニキビケア美容液を探していきましょう。

美容液成分を知っておくこと

美容成分をよく知ろう自分の目的や肌質に合った成分がわかっている場合、謳われている成分を目当てに美容液を選んでもよいでしょう。

今回は特に人気のある美容成分をメインに用いた美容液をそれぞれ紹介します。

ビタミンCは幅広く対応できる

ビタミンCは抗酸化作用もあり、体調管理に飲用している方も多いでしょう。

もちろんお肌にとっても非常にいい成分ですので、スキンケア成分としては外せないでしょう。

ですので、美容液で取り入れても幅広い肌悩み解消へのアプローチができます。

ビタミンC美容液は、皮脂や毛穴、ニキビのケアをしたい人や、年齢に応じたケアを始めたい人におすすめです

美容液に含まれるビタミンC成分には、「アスコルビン酸」のようなビタミンCのほか、安定性を高めたビタミンC誘導体がよく使われます。

ビタミンC誘導体はビタミンCよりも持続性が高く、また、皮膚への吸収率も高いとされていて、近年美容液によく使われています。

ビタミンCが配合された美容液を選ぶ際に注意してほしい点があります。

それは、ビタミンCは酸化しやすい成分であるため、酸化防止剤もあわせて配合されている商品を選ぶか、ビタミンC誘導体が使用された美容液を選ぶということです。

肌が敏感な方にはセラミド

セラミドは、表皮の一番上の層である表皮の角質層に存在し、細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質です。

セラミドは、

  • ・水分を蓄えて肌を保湿すること
  • ・細胞間を埋めて外部刺激から肌を守ること

というはたらきがあります。

ですので、敏感肌で悩んでいて、潤い肌を目指すのであれば、セラミドが配合された美容液を使ってみましょう。

また、セラミドは、由来の違いによってヒト型セラミドと天然セラミド(動物性、植物性)のふたつに分類されます。

どちらがいい、悪いではないですが、保湿性が高く、負担も少ないと言われるヒト型セラミドがまずはおすすめです。

もっと保湿効果を!プラセンタエキス

プラセンタとは、「胎盤」のことですが、この胎盤には1個の受精卵から胎児に育つために必要な細胞成長因子も含めて、さまざまな栄養素を多く含んでいます。

それを化粧品に応用して、お肌に有効な成分を補給しようというものです。

因みに、化粧品に含まれるプラセンタエキスは豚や馬などのヒト以外の哺乳類の胎盤から有効成分を抽出したエキスです

また、プラセンタエキスを美容液で取り入れることで、

  • ・保湿
  • ・透明感UP
  • ・抗酸化
  • ・エイジング(※)ケア

といった効果が期待できます。
※年齢に応じたお手入れのこと

最近はやりのオイル美容液

美容液の種類は色々あるオイル美容液とは、オイルがベースとなった美容液のことです。スキンケアの仕上げだけではなく、(※ブースター)など多様な使い方ができるということで、美容に関心のある人たちから注目を集めています。

※ブースターは導入美容液とも呼ばれ、その後に使う化粧水などの浸透を高めるための美容液です。

オイル美容液は、

  • ・ブースターとして利用
  • ・スキンケアの仕上げとして利用
  • ・化粧水や乳液、クリームに混ぜて利用

と様々な場面で使用できることが特徴です。

さらに上の美肌ケアをするためにオイル美容液を選択肢の一つにしてみましょう。

美容液は使いやすいものを

なんでもそうですが、どんなにいい成分が配合されていたとしても、どうも使いにくい、どうも感覚が違うというものを使ってしまうと、かえってストレスになり、お肌にちっともいいものではなくなってしまいます。

そのため、内容成分のほかに美容液の質感や、香り、容器の形状なども自分の好みになっているかを確認しましょう。

キレナビ編集部がおすすめするドクターズコスメ〈美容液〉

キレナビで紹介している「美容液」は、すべて皮膚の専門家が開発、監修したドクターズコスメです。元々厳選されていますが、そこからさらに厳選した6商品を紹介します。

リフトコレクションセラム(保湿美容液)

リフトコレクションセラムハリのない肌を集中的に引き締める「アルジルリン」と「シンエイク」が配合されています。

お肌の気になる部分の集中ケアや、目元や口元のエイジングケアとして使ってみましょう。

EGF(上皮成長因子)・プロテオグリガンの作用、そして「マイクロオーシャンコラーゲン」を加えることによって、お肌のすみずみまで成分が染みわたる感覚を感じてみてください。

リフトコレクションセラムについてもっと詳しいことを知らいたい方はこちらから

スキンシークレット EGFブースト(ブースター美容液)

スキンシークレット EGFブースト(ブースター美容液)クリニック・サロン専用に開発された、プロフェッショナルユースの美容液です。

厳選した細胞成長因子を、15℃以下という独自の低音製法技術により、生きたままの状態でナノ化し、さらに効力が低下しないように特殊な「リポゾーム・カプセル」に封じ込めた、まさに美容液の中の美容液です。

そのため活性純度の極めて高い成長因子が、高い浸透力で皮膚細胞の深くからみずみずしいハリと潤いをよみがえらせてくれるでしょう。

活性化EGF、FGF、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタといった厳選された美容成分を「活性原液」のまま絶妙なバランスでブレンドした、贅沢なピュアエッセンスです。

スキンシークレット EGFブースト(ブースター美容液)についてもっと詳しいことを知らいたい方はこちらから

APP-C フラセラム(ビタミンC美容液)

APP-C フラセラム(ビタミンC美容液)ビタミンCは肌トラブルのケアに欠かせないことは、これまで説明してきました。

ビタミンCは、紫外線トラブル、皮脂トラブル・毛穴ケアなどと併用して様々な肌トラブルをケアしています。

「APP-Cフラセラム」には浸透型ビタミンCであるAPPS以外にも高濃度のフラーレンが配合されており、高い還元力によって日々のダメージ因子を取り除く可能性があります。

ダメージ因子は紫外線やストレスなどにより皮膚で毎日大量に発生しています。

皮膚のダメージ因子の取り除く能力が衰えると紫外線トラブルや年齢サインが生成されますが、逆にダメージ因子の除去がスムーズに行われ、見た目の印象が緩やかになることが期待できます。

APP-C フラセラム(ビタミンC美容液)についてもっと詳しいことを知らいたい方はこちらから

APP-C モイストピーリング(美容液ピーリング)

APP-C モイストピーリング(美容液ピーリング)酸を一切使用せず、安全に角質ケアしながら1本で美白・引き締め・保湿が同時にできる美容液ピーリングです。

グリコール酸などに代表される酸系ピーリングやポロポロ系ピーリングは使用後につっぱり感がでたり、肌のバリア機能を低下させてしまったりする原因になることもあります。

しかし、このAPP-Cモイストピーリングは酸を使わず、さらに通常のピタミンC誘導体と比べて100倍以上の浸透力を誇るAPPSを贅沢に配合し、美白・保湿に優れた国内自然原料を17種類厳選配合した贅沢美容だからこそ潤いながらのピーリングを実現しました。

乱れた角質層を除去しながらクリアな潤うお肌をつくる週に1度のスペシャルケアアイテムとして活用しましょう。

APP-C モイストピーリング(美容液ピーリング)についてもっと詳しいことを知らいたい方はこちらから

ホワイトニングスノーセラム(薬用美白美容液)

ホワイトニングスノーセラム(薬用美白美容液)30mlホワイトニングスノーセラムは厚生労働省に承認された美白有効成分アルブチンを贅沢に配合。

シミの元となるメラニンの生成を抑えます。

さらにビタミンCの約600倍、コエンザイムQ10の約250倍の抗酸化力(※株式会社 東洋新薬調べ)と言われるフラバンジェノールのW配合で複数のシミ発生プロセスや加齢による肌トラブルにもアプローチ。

メラニンを作らせない、成長させないだけでなく、高いポリフェノール効果でキメを整えハリ・つやに満ち溢れた透明感のある肌へ導いてくれます。

ホワイトニングスノーセラム(薬用美白美容液)についてもっと詳しいことを知らいたい方はこちらから

国産「ヒト幹」配合 ステムセル メディセラム(美容液)

国産「ヒト幹」配合 ステムセル メディセラム(美容液)27mlとろみのあるテクスチャーが、肌にのばすとスルリとほどけるように浸透。すぐに肌と一体化し、みずみずしさと透明感、ハリ感がアップします。

再生医療でも注目されているヒト幹細胞。その幹細胞を培養した際に生じる上清液には、肌を潤し、ハリをアップする可能性を秘めていることで話題です。日本人由来の「ヒト幹細胞培養上清液」に着目しました。

EGF、FGF、IGF、LPS、コエンザイムQ10など、工藤ドクターならではの選択眼で成分をチョイス。

そのほかにもフラーレン、コラーゲン、ヒアルロン酸など、工藤ドクターが大人の肌を助けるために目をつけた美容成分を、可能な限り配合。美容クリニック帰りのような、生き生きとした肌へ導いてくれます。

国産「ヒト幹」配合 ステムセル メディセラム(美容液)についてもっと詳しいことを知らいたい方はこちらから

まとめ

いかがでしたでしょうか?

美容液を選ぶ際の参考にしていただければと思います。

自分合う美容液を使用して、目指すお肌になってください。

(文:キレナビ編集部)

0
この記事に関するお問合わせ

    TagKeywordこの記事のタグ