シミの原因と対策を知って、シミをきれいにしよう

シミ対策!セルフケアから美容医療までおすすめの方法を紹介

いつのまにかできてしまった顔のシミ。 ひとつ見つけるとずっと気になってしまうものです。 年齢とともに徐々に多くなるもので … 続きを読む シミ対策!セルフケアから美容医療までおすすめの方法を紹介

この記事は約7分で読み終わります。

シミの原因と対策を知って、シミをきれいにしよういつのまにかできてしまった顔のシミ。

ひとつ見つけるとずっと気になってしまうものです。

年齢とともに徐々に多くなるものですが、何とかしたい!

セルフケアでシミが気にならない肌を保つことができたら嬉しいものですよね。

そんなお悩みを解消するために、まずはシミの原因と対策から紹介していきます

美容皮膚科医 木村なお先生
  • ■この記事の監修者
  • ■美容皮膚科医 木村なお先生
  • 久留米大学医学部卒業。学生時代に自身もお肌トラブルに悩んだ時期があり、美容皮膚科で治療を受けたことがある。その経験を通して、外見のお悩みの解決が日々の幸福度を上げると実感し、美容医療に興味を持つようになった。現在は、美容皮膚科医として日々診療において美肌作りをサポートしている。

シミの主な原因と対策

シミの原因として紫外線とターンオーバーが考えられるシミの悩みを改善し、対策をしていくには、なぜシミができるのか原因や仕組みを知ることが大切です。

原因は1つではないので、自分の生活習慣と照らし合わせてチェックしてみましょう。

原因①紫外線

シミの原因として紫外線があるシミの1番大きな原因は紫外線

日焼けによる紫外線によって作られたメラニン色素が肌の中に残り沈着したものです。

紫外線の刺激により、皮膚内で発生した活性酸素がメラノサイトにメラニン色素を作れと命令します。

メラノサイトではメラニンの生成を活発にします。

生成されたメラニン色素が基底層から皮膚の表面まで運ばれると黒色メラニンによって火皮膚の表面に「シミ」として現れるのです。

対策①黒色メラニンの生成をおさえる

シミの元となる黒色メラニンの生成をなるべく抑えることで、シミを予防・対策することができます。

黒色メラニンの生成をおさえる方法は主に2つ。

日焼け止めなどで紫外線の刺激からお肌を守ること

そして、サプリや医薬品などで身体の内側から活性酸素の活性化やメラニン生成を抑制することです。

原因②ターンオーバーの乱れ

お肌の生まれ変わり「ターンオーバー(新陳代謝)」の乱れも原因になります

ターンオーバーは通常約28日周期。古い細胞が押し上げられてアカがはがれ落ちるようなイメージです。

紫外線を浴びて作られたメラニンもほぼ28日サイクルで役割を終え、古い細胞とともにはがれ落ちます。

ところが、ターンオーバーのサイクルが乱れると、排出機能が衰え、本来はがれ落ちるはずのメラニン色素が沈着してシミができやすくなってしまうのです。

対策②肌の代謝機能を上げる

ターンオーバーの周期は、年齢とともに長くなるものですが、さらに寝不足や偏った栄養バランスなど不規則な生活習慣でも乱れてしまうことがあります。

シミを対策するなら肌の代謝機能を上げることも大切です。

寝不足や運動不足、偏った食生活をしていませんか?

また、喫煙習慣やストレスは老化を促す原因の一つである活性酵素を増やします。

ターンオーバーを整えるためにも、規則正しい生活リズム、栄養バランスのとれた食事、適度な運動など健康的な生活習慣を意識することで、シミ対策になります

シミ対策におすすめのセルフケア

シミ対策はセルフケアでも予防と対策をすることができます。

ただし、セルフケアは長期的に行うことで効果が発揮されるので、以下の対策を毎日の生活に取り入れてみてください。

UVケア

UVケアには様々な方法があるお肌に影響を与える紫外線は2種類。

UV-A
波長が長く真皮層にまで到達。ハリや弾力に重要な線維芽細胞にダメージを与える。家や車の窓ガラスも透過する。
UV-B
波長は短いが表皮にダメージを与える。肌が赤く炎症(サンバーン)、メラニン色素が沈着(サンタン)するなど、シミ・そばかすの原因になる

シミの原因となる活性酸素の発生やメラニンの生成を防ぎ、健やかで美しい肌を保つためには、UV対策でどちらの紫外線からもお肌を守ることが大切です。

具体的なUV対策には、日傘・帽子・サングラス・日焼け止めなどのアイテムで、お肌を紫外線から守ることができます

特に季節や天気を問わず1年中使用したいのが「日焼け止め」です。UV-Aは家や車の窓も透過するため、室内であっても油断は禁物です。

スキンケア

セルフケアでスキンケアセルフケアでどんな対策をするにしても、お肌を健やかな状態に保つことが重要なので、基本的なスキンケアが大切なポイントになります。

「クレンジング・洗顔」でメラニンを含む古い角質をクリアに、化粧水などの「保湿」でうるおいとバリア機能を保ちます

そいて、毎日のお手入れがシミ対策の重要な鍵となります。

さらに、シミへ一定の効果が認められた美白有効成分を配合した化粧品や美容液を取り入れることも効果的です。

■美白有効成分とその作用

ビタミンC誘導体
メラニン色素の還元でシミを薄くする
コウジ酸
メラニンの生成を阻害する
カモミラET
メラノサイトの活性化や増殖を抑制し、メラニンの生成を抑える
エナジーシグナルAMP
ターンオーバーを促すことでメラニンの排出をサポート
トラネキサム酸
メラノサイトの活性化を抑制し、メラニンの生成を抑え新たなシミを予防する
アルブチン
メラニンの生成を抑制

こういった美白有効成分が含まれる化粧品を毎日のスキンケアに取り入れることも有効です。

生活習慣の見直し

お肌の状態は健康のバロメーターでもあります。

例えシミ対策に美白化粧品でスキンケアをしていても、身体が栄養バランスの偏りや睡眠不足などで調子を乱しているとお肌の状態はなかなか改善されません。

<生活習慣のポイント>
栄養バランスのとれた食生活
充分な睡眠時間
適度な運動

特にシミ対策の場合は、ビタミンA・C・Eなど肌を守る「抗酸化力」を意識した栄養素が含まれた食材を積極的に取り入れてみましょう

食事だけでは補えない場合、サプリなどでサポートするのもおすすめです。

充分な睡眠時間と規則正しい生活リズム。

栄養バランスのとれた食事、適度な運動といった健康的な生活習慣を送ることが大切です。

医薬品によるケア

シミは市販の医薬品を使用してケアすることも可能です。

正しく選べば効果的に薄くすることができます。

シミ用の医薬品にはシミに効く美白有効成分が含まれています

主な成分:Ⅼ-システイン、ビタミンC、トラネキサム酸

これらの成分のどれか1つではなく、美白有効成分の働きをサポートする成分など複数配合されているものがより効果的です。

シミへの効果が高いものを選びたい場合は「医薬品」の表示があるものかを必ずチェックしましょう。

第2類医薬品、第3医薬品などはシミを改善する効能・効果が国に認められているという証明になります。

医療機関でもシミ対策できる

シミ対策でさらに高い効果を得たい場合には、美容皮膚科や美容整形外科などの医療機関でシミ治療を受ける方法もあります。

医療機関のシミ治療で代表的なのは「レーザー治療」と「IPL」です

レーザー治療は即効性を求めている方に向いていますが、カサブタがはがれるまで1週間以上かかります。(痛みやダウンタイムが気になる人には不向き。)

「IPL(Intense Plused Light)」は、フォトフェイシャル(マシーン名)や光治療とも呼ばれるシミ治療です

フォトフェイシャルは、レーザーに比べて気軽にトライしやすいのが特徴。

弱い光を肌に広く浅く照射することで、角層のターンオーバーを活発にさせ、表面のくすみを早く追い出すことができます。(同時にくすみや毛穴、キメやハリなど肌のあらゆるトラブルも解消してくれる。)

肌へのダメージが少なく、ダウンタイムも無いのでメイクをすることもでき、比較的気軽に施術を受けることができるシミ治療です。

ただし、フォトフェイシャルは、レーザーと異なり、継続が必要となる施術となりますので、このことを踏まえたうえで、自分に合った施術をしていきましょう。

フォトフェイシャルについてもっと詳しく

まとめ

シミ対策で大切なのは、日ごろからお肌を紫外線から守ること

そして、健康的な生活習慣でお肌を内側からも整えることです。

さらに、美白化粧品やサプリ、医薬品、シミ治療などスタイルに合わせてシミへの対策をおこなっていきましょう

シミ対策を継続して、いくつになってもシミが目立たない健やかな肌を目指していきたいですね。

0
この記事に関するお問合わせ

    TagKeywordこの記事のタグ