首のシワは年齢の表れ。首のシワ対策をしよう

首のシワは整形しなくても改善できる!今日から始めるシワ対策

メイクやスキンケアで顔が美しく保たれていても、意外と忘れられがちなのが「首のケア」。 樹木の年輪のように、首に並行に深く … 続きを読む 首のシワは整形しなくても改善できる!今日から始めるシワ対策

この記事は約8分で読み終わります。

首のシワは年齢の表れ。首のシワ対策をしよう

メイクやスキンケアで顔が美しく保たれていても、意外と忘れられがちなのが「首のケア」。

樹木の年輪のように、首に並行に深く入ったシワは、年齢を感じさせる隠れた重要なパーツです。

いつの間にかできている首のシワですが、そのケア方法は知らないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、整形に頼らない、日常に簡単に取り入れられるスキンケアやストレッチ・予防方法を紹介します

美容皮膚科医 木村なお先生
  • ■この記事の監修者
  • ■美容皮膚科医 木村なお先生
  • 久留米大学医学部卒業。学生時代に自身もお肌トラブルに悩んだ時期があり、美容皮膚科で治療を受けたことがある。その経験を通して、外見のお悩みの解決が日々の幸福度を上げると実感し、美容医療に興味を持つようになった。現在は、美容皮膚科医として日々診療において美肌作りをサポートしている。

首のシワが増える原因

なぜ、私たちの首には、深いシワができてしまうのでしょうか。

まずは、首のシワが増えてしまう原因についてチェックしていきましょう。

乾燥

首のシワの原因としてまず挙げられるのが「肌の乾燥」です。

肌の角層の水分量が減って乾燥すると、肌の柔軟性がなくなり、細かいシワの原因となります。

首のシワもまた、顔にできるシワと同じように乾燥によって増えてしまいます

顔だけではなく、首もたっぷりと保湿をしてあげましょう。

女性ホルモンやコラーゲンの減少

女性ホルモンやコラーゲンの減少もまた、首のシワができる原因のひとつです

肌の弾力やハリ、柔らかさをキープする役割をしているのが、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンです。

このコラーゲンやエラスチンは、女性ホルモンの働きによって日々生み出されています。

しかし、女性ホルモンは加齢によって減っていくため、必然的にコラーゲンやエラスチンも年齢に伴って減少してしまいます。

また、ストレスや生活習慣の乱れなどでも、女性ホルモンは働きを止めてしまうことがあります。

そのため、女性ホルモンのコントロールをしていくことが首のシワの改善にもつながるのです。

知らない間にやっているかも?首のシワが増える生活習慣

普段の生活習慣によるクセでも、首のシワは増えてしまいます

仕事中や就寝時に、いつも同じ方向に首を向けていると、シワが少しずつ深く刻まれてしまうのです。

特にやりがちな生活習慣を2つご紹介しますので、当てはまる場合改善してみてくださいね。

長時間のうつむき姿勢

パソコン・スマホユーザーが当たり前になった現代では、画面を見るためにうつむき姿勢になることが増えています。

自宅や勤務中だけではなく、電車での移動時間など長時間スマホを使うことで、うつむき姿勢がクセになりがちです。

背中が丸く猫背になり、肩は内向き、首が前に傾くこのうつむき姿勢は、首に非常に大きな負荷がかかります

まっすぐな良い姿勢では、重い頭を支える重心がひとつのパーツに偏らないよう力が分散されますが、うつむき姿勢では、前傾した首だけで頭を支えるため首に負担がかかるのです。

さらに、うつむき姿勢では首の皮膚が折り畳まれます。

その折り畳まれた状態が、毎日長時間繰り返されることでクセづいてシワとなるのです。

スマホやパソコンを使う際は、できるだけ目線の高さを地面と平行にしたり、同じ姿勢を続けないようにしたり気をつけましょう

高い枕で寝る

枕が合わないこともまた、首のシワにつながります。

高すぎる枕に仰向けで眠ると、頭が首よりも上になり、顎を引いた状態になります。

すると必然的に、うつむき姿勢と同じように首の皮膚が折り畳まれてしまいます。

就寝中の長時間その状態がキープされると、首のシワもクセづいてしまうのです。

合わない高さの枕を使うと、首が緊張した状態が続くため、深い眠りを妨げます。

質の悪い睡眠は女性ホルモンや肌の状態を悪くさせるので、それが間接的に首のシワにもつながってくると言えるでしょう。

枕は、自分の首の高さにあった無理のないものを選びましょう

首のシワの改善方法①スキンケア

首のシワを改善するスキンケア

スキンケアによって顔のシワが改善できるのと同じように、首のシワもスキンケアが効果的です。

首のシワが消えるようなスキンケア方法と、そしておすすめのクリームや美容液をご紹介していきます。

基礎化粧品は首やデコルテまで塗るのが基本

首のスキンケアは、顔用の基礎化粧品でOK。

特に、首用のクリームなどを塗る必要はありません。

顔に化粧水・美容液・クリームを塗る際に、首まで伸ばして塗ってあげましょう

デコルテラインもまた、老け感を感じさせるパーツのひとつなので、デコルテまで塗ってあげるとなおGOODです。

なお、顔・首には同じ基礎化粧品で問題ありませんが、やはりシワの改善効果のあるものを使うことをおすすめします。

おすすめのシワ改善クリーム・美容液

首(顔も含む)のシワの改善には、やはりシワに特化した基礎化粧品が効果的です。

複数の抗シワ成分をたっぷり配合しているものをチョイスしましょう。

おすすめの商品は、「リフトコレクションセラム」です。

「リフトコレクションセラム」は、シワやたるみの専門家がつくったドクターズコスメです

抗シワとして話題の成分である、「シンエイク」「アルジルリン」をふんだんに配合しています。

蛇の毒に似た構造を持つ「シンエイク」は、筋肉の緊張を和らげることで肌のシワをなめらかにします。

塗るボトックスと呼ばれる「アルジルリン」は、筋肉を伸ばすことでクセづいたシワを改善してくれます。

リフトコレクションについてはこちらから

首のシワの改善方法②ストレッチ

スキンケア以外では、ストレッチが首のシワの改善に有効です。

休憩中や、家事をしながら取り入れられるストレッチをご紹介しますので、気づいたときにおこなってみてくださいね。

シワ改善ストレッチの方法

■縮こまった首の前側を伸ばすストレッチ
  1. まずは、うつむき姿勢などで縮こまった首の前側を伸ばしていきましょう。
  2. デコルテの辺りに両手のひらを重ねて置きます。
  3. 天井を見上げ、顎を上に引っ張るイメージで首の前側を伸ばします。
    (※このとき、肩が上がらないよう、顎は上・肩は下に引っ張り合うイメージで行います。)
  4. 10秒ほど行ったら休憩を挟み、3回ほど繰り返します。
■猫背改善!丸まった肩を治す肩甲骨ストレッチ
  1. 次は、首が縮こまる原因にもなる猫背を解消するストレッチです。
  2. このストレッチは、立った状態でも座った状態でも、やりやすい方でOKです。
  3. まずは、腰の辺りで後ろ手に両手を組みます。
  4. 組んだ両手を、腰から少しずつ後ろの方に離していきます。
    (※できる限り、腰・背中から離れさせると効果的ですが、気持ちいいと感じる程度で止めましょう。)
  5. その状態を10秒キープ・5セット繰り返します。

なお、どちらのストレッチもリラックスした状態で、呼吸は止めずにおこないましょう

電車の待ち時間やデスクでの一呼吸の際、料理中などのスキマ時間に取り入れてみてくださいね。

首のシワの改善方法③女性ホルモンをコントロールする

首のシワ改善として女性ホルモンをコントロールする

首のシワの改善は、内側からのケアも大切です。

肌の弾力やハリをキープするコラーゲンやエラスチンは、年齢が上がるにつれて減っていきます。

しかし、女性ホルモンのコントロールを行うことでそれらの減少を抑えることができ、結果的にシワの改善につながります

生活習慣を見直す

女性ホルモンのコントロールは、規則正しい生活習慣がベースとなります。

栄養バランスのとれた食事、適度な運動、十分かつ質のいい睡眠といった基本的なことができているか見直しましょう

起床・就寝時間、食事の時間も、できる限り毎日同じスケジュールが理想です。

女性ホルモンを乱す要因のひとつにストレスがありますが、上記のような規則正しい生活はストレスの解消にもつながります。

特に、適度な運動はストレス発散になり、女性ホルモンバランスを保ってくれます。

在宅ワークなどで外に出る機会が減っていますが、ランチやカフェ休憩などでウォーキングを取り入れてみてはいかがでしょうか。

女性ホルモンを整える食材を摂る

生活習慣の一部として、女性ホルモンのコントロールに役立つ食材を摂ることもおすすめです。

女性ホルモンには、「エストロゲン」「プロゲステロン」という2つの種類があります

年齢に伴い減っていく「エストロゲン」に似た働きをしてくれるのが、大豆イソフラボンです。

納豆、豆腐、味噌、きな粉などの大豆製品に含まれているので、毎日の食卓に一品取り入れてみると良いでしょう。

また、女性ホルモンを整えるには、特定の食材だけを食べるよりもバランスの良い食事が効果的です。

大豆イソフラボン以外にも、タンパク質やミネラル・ビタミンを積極的に摂りましょう。

タンパク質には鶏肉や乳製品、ミネラルやビタミンが多い緑黄色野菜をバランスよく摂ることが大切です。

まとめ

年齢を重ねるたびに少しずつ深くなっていく、首のシワ。

「ボトックスじゃないと治らないんじゃ…」と諦めたくなってしまいますが、このように日々のちょっとしたセルフケアでも、首のシワは改善できるんです。

姿勢の改善やストレッチ、クリームや美容液といった外側からのケアと、食事などの内側からのケア

これらを組み合わせることで、首のシワは十分に改善ができますよ。

「年齢は首に出る」と言われるほど、隠れたキーパーツである首。

毎日のセルフケアで、美しく若々しい首のラインを手に入れましょう。

0
この記事に関するお問合わせ

    TagKeywordこの記事のタグ