レーザー治療や光治療で目の下の血管を目立たせなくする

目の下の血管が浮き出て見える原因は?クマを改善するセルフケア

目の下の血管が浮き出て見える原因として、クマが考えられます。 クマが目立つと、疲れているように見えてしまいますよね。 ク … 続きを読む 目の下の血管が浮き出て見える原因は?クマを改善するセルフケア

この記事は約10分で読み終わります。

目の下のクマを解消するためのセルフケア

目の下の血管が浮き出て見える原因として、クマが考えられます。

クマが目立つと、疲れているように見えてしまいますよね。

クマの色によっては、老けた印象を与えてしまうことも。

クマの種類に合わせてセルフケアを行うことで、はつらつとした印象の目元を取り戻しましょう

当記事では、目の下の血管の原因となるクマの種類や原因、クマを改善するセルフケア方法、おすすめのスキンケアアイテムなどについて紹介します。

目の下の血管が浮き出て見える原因は?

目の下の血管が浮き出る原因は何か

目の下の血管が浮き出ているように見えるときや、疲れているような印象に見えるときは、クマが原因である可能性があります。

そんなクマに悩まれている方は多いでしょう。

クマには、黒クマ、青クマ、茶クマの3種類があります。

クマの種類によって、原因が異なるのです。

クマの悪化を防ぐには、クマの種類に適したケアが必要です。

黒クマ、青クマ、茶クマの特徴や判別方法についてご紹介します。

まずは、自分のクマがどのタイプなのか知りましょう。

加齢や皮膚のたるみによる、黒クマ

目尻の皮膚をを横に優しく引っ張ったときにクマが消えるようなら、黒クマである可能性があります。

目の下に黒い影ができる黒クマは、加齢によってたるみやシワができたときや、むくみがあるときに目立つことがあります

加齢に伴ってコラーゲンが減って皮膚にハリが失われると、皮膚がたるんで窪みができます。

目の下のたるみやシワによって黒い影ができ、黒クマとなってしまうのです。

また、目の下の脂肪を包んでいる膜がゆるんでしまうと、目の周りの骨の部分から下まぶたの方に脂肪がでてきてしまい、それによる影が黒クマにつながることもあります。

黒クマは、次のような方に起こりやすいです。

  • 涙袋が大きめ
  • たるみが強い

血管がすけて見える青クマ

クマの色が青い色をしていて顔が疲れて見える場合や、目尻の皮膚を引っ張ったときにクマが動かない場合は、青クマである可能性があります。

青クマは、血行不良によって血の流れが悪くなることによって、皮膚から血管が透けて見えた状態です。

青クマは、次のような方に現れやすいです。

  • 色白で皮膚が薄い
  • 生活習慣が乱れやすい
  • ストレスがたまりやすい
  • 寝不足
  • パソコンやスマホをよく使う

色素沈着による茶クマ

目尻の皮膚を優しく引っ張ったときに、茶色のクマも一緒に引っ張られている場合は茶クマである可能性があります。

茶クマは、紫外線や乾燥、刺激などによって皮膚に色がついてしまう「色素沈着」が起きることでできます

また、目の下に小ジワがあると、茶クマが濃く見える場合があります。

茶クマは、次のような方に起こりやすいです。

  • 目をよくこする
  • 肌がくすんでいる
  • マスカラやアイラインなどのアイメイクを落とさないまま寝る

目の下の血管を目立たなくするレーザー・光治療

レーザー治療や光治療で目の下の血管を目立たせなくする

目の下の血管が浮き出ている場合、クリニックでレーザー治療や光治療を受けることで、目立たなくする効果が期待できます

太くない血管の場合は、ロングパルスヤグレーザーなどのレーザーを使用する場合があります。

しかし、大きな血管の場合は、レーザー治療で改善することは難しいです。

色素沈着が原因のクマの場合は、1064波長のレーザーなどで治療を行う場合があります。

クリニックによっては、ダウンタイムがないダブル照射による治療も行っています。

加齢によって皮膚がへこむことで起こるクマは、レーザーではなく注入による治療を行います。

目の下が膨らんでいることでできたクマの場合は、外科手術による治療が必要になります。

このように、クリニックでの治療はクマの状態によって治療方法が異なるのです。

黒クマができる原因は?

黒クマができる原因とは何か

黒クマは、皮膚のハリに必要なコラーゲンが減少することにより、目の下がくぼんだりたるんだりすることで現れます

乾燥によって小ジワが増えると、それが影となって黒クマが目立つ原因につながることもあるのです。

また、眼球の周りに眼窩脂肪(がんかしぼう)が目の下に出てくることで、影が生まれて黒クマができる場合もあります。

眼窩脂肪を包んでいる膜がゆるむと、脂肪が徐々に前にでてきて、たるみとなってしまうのです。

黒クマを改善するセルフケア

黒クマ解消のためのセルフケア

黒クマは、自分で改善させることは悩ましく、難しいです。

しかし、セルフケアを行うことで、黒クマが目立ちにくい状態を維持することが期待できます

黒クマの悩みをセルフケアするには、次の方法がおすすめです。

  • エイジングケアをする
  • 眼輪筋のトレーニングをする

上記の2つの方法について具体的に解説していきます。

黒クマの悪化でお悩みの方は、ぜひチェックしてくださいね。

エイジングケアでお手入れを

黒クマを目立たせる原因となるたるみやシワを防ぐために、普段のスキンケアにエイジングケア(※年齢に応じたケア)を取り入れましょう

肌にハリを与えられる化粧水や、美容液などを使うことをおすすめします。

「効能評価試験済み」と記載されているアイテムは、乾燥による小じわを防ぐ効果が期待できます。

乾燥を防ぐために、化粧水や美容液などで水分を与えた後は、油分を含む乳液やクリームを使って潤いをキープすることが大切です。

肌を保湿するには、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているアイテムを選びましょう。

眼輪筋トレーニング

目の周りにある眼輪筋のトレーニングを行うことで、眼輪筋の血液の流れが良くなる効果が期待できます。

眼輪筋トレーニングは、次の方法で行いましょう。

  1. 目を開けて閉じるを10回程度繰り返す

また、次の方法もおすすめです。

  1. 目を少し強く閉じて3秒程度キープする
  2. 目をゆっくり開ける

また、普段から目を開けるときに、おでこの筋肉を使ってしまうと、眼輪筋の衰えにつながる可能性があるので注意しましょう。

青クマができる原因は?

青クマを解消する方法とは

青クマができる原因は、疲労や睡眠不足による血行不良です。

目元の皮膚の厚みは、他の部分の皮膚と比べるととても薄いため、皮膚の下にある血管の色が見えやすいです。

特に目の周りは毛細血管が多いため、血液の流れが悪くなってしまうと、皮膚の下の血管が透けて青黒く見えてしまいます。

加齢によって皮膚が薄くなってしまうと、さらに青クマが目立ちやすくなることもあります。

青クマは、疲労や睡眠不足だけでなく、むくみや冷えによる血行不良でも起こる場合があります。

ストレスを溜めやすい方や、スマホやパソコンなどを長時間使っている方も青クマができやすいです。

青クマを改善するセルフケア

青クマ解消のためのセルフケア

青クマを改善するには、血行を良くする必要があります

血行不良の悪化を防ぐためには、ストレスをためないことや、しっかり睡眠をとることが大切です。

他には、次のようなセルフケアを行うことをおすすめします。

  • カシスを摂取する
  • 温活をする
  • 顔や首すじをマッサージする

上記のような方法が、なぜ青クマ対策に役立つのか解説します。

青クマで悩んでいる方は、ぜひご参考にしてくださいね。

カシスを摂取

青クマに悩まれている方には、カシスを摂取することをおすすめします。

カシスはベリー類の一種で、ポリフェノールの一種であるアントシアニンや、ビタミンC、ビタミンEなどさまざまな栄養素が含まれています。

特にアントシアニンは、ブルーベリーの3倍以上も含まれているのです。

カシスに含まれているアントシアニンには、末梢血管の血流を改善する効果が期待できます。

カシスには4種類のアントシアニンが含まれていて、血流改善の他に疲労の回復にも影響を与えるといわれています。

温活で血行促進

青クマは主に血行不良が原因で起こります。

血行不良の原因の一つとして、体の冷えが挙げられます。

青クマの悪化を防ぐために、温活をして冷えを改善することが大切です。

冷えを改善するためには、まず普段の生活習慣を見直しましょう。

具体的には、次の点を意識することをおすすめします。

  • 毎日シャワーですましている方は、なるべくお風呂にゆっくり浸かる
  • 冷たい飲み物ばかり飲んでいる人は、常温や温かい飲み物も選ぶようにする
  • ごぼう、にんじん、しょうがなど体を温める食べ物を食事に取り入れる
  • ストレッチやスクワットなど軽い運動を行う

温活をして体を温めて、血流を良くすることができると、青クマの悪化を防ぐことができます。

顔や首すじをマッサージ

青クマが気になる方は、血行を促進するためにマッサージを行うことをおすすめします。

マッサージは、目の周りの他にも、顔や首すじにも優しく行いましょう

マッサージをするときは、強くこすってしまうと皮膚に刺激を与えてしまうので注意。

皮膚への刺激を抑えるために、指先で優しく押すようにしてマッサージすることを意識しましょう。

首すじは、優しくもむようにしてマッサージしてください。

また、耳の前後を指で挟み、円をかくように押してリンパマッサージも行いましょう。

四白というツボ(瞳から親指の太さ分ほど下にある部分)を押すと、目の周辺の血行を良くする効果が期待できます。

茶クマができる原因は?

茶クマができる原因とは何か

茶クマは、メラニン色素が蓄積して色素沈着が起こることで生じます

紫外線や摩擦による刺激などの影響を受けると、肌を守るためにメラニン色素がつくられます。

刺激などの影響でターンオーバー(肌の生まれ変わり)が乱れてしまうと、メラニン色素が溜まってしまい、茶クマやくすみ、シミの原因につながってしまうのです。

また、ターンオーバーが乱れることで古い角質が残ってしまうと、肌がくすんで茶クマが起こることもあります。

茶クマは、日焼け止めや日傘などを使った紫外線対策をしていない方や、目をよくこするクセがある方に起こりやすいです。

茶クマを改善するセルフケア

茶クマを解消するセルフケア

茶クマは、メラニン色素が溜まって色素沈着が起こることでできてしまいます。

茶クマを目立ちにくくするためには、紫外線対策の他に次のセルフケアも行いましょう

  • ビタミンCを摂取する
  • 美白ケアを行う

なぜ上記の方法が、茶クマ対策に必要なのか理由を解説します。

おすすめのスキンケアアイテムも紹介するので、茶クマに悩んでいる方はぜひご参考にしてくださいね。

ビタミンCを摂取

茶クマの悪化を防ぐためには、普段の食事でビタミンCを積極的に摂取しましょう。

ビタミンCには、メラニンの生成を抑える働きがあります。

また、血行促進に役立つビタミンEをサポートする働きや、ターンオーバーを整える働きも期待できるのです。

ビタミンCは、次のような食品に含まれています。

  • ピーマン
  • ブロッコリー
  • パプリカ
  • モロヘイヤ
  • ゴーヤ
  • イチゴ
  • ミカン
  • キウイ
  • アセロラ
  • レモン

ビタミンCは水に溶けやすいため、野菜からビタミンCを摂取する場合は、電子レンジで加熱するか炒めて食べましょう。

ビタミンC美容液 APP-Cフラセラムはこちらから>>>

美白ケア

茶クマの悪化を防ぐためには、メラニン色素の生成を抑えることが大切です。

次のような成分が配合された美白化粧品を使って、毎日丁寧にスキンケアをしましょう。

  • ビタミンC誘導体
  • ビタミンC
  • アルブチン
  • トラネキサム酸

また、茶クマ対策をするなら、美白ケアだけでなく保湿ケアもしましょう。

正常なターンオーバーを維持するためには、肌の潤いを保つことが必要です。

セラミドやヒアルロン酸、スクワランなどの保湿成分が配合されたアイテムを使い、肌に水分を与えて維持しましょう。

美白ケアと保湿ケア、そして紫外線対策をすることで、茶クマが目立ちにくい肌をキープできます。

当記事では、「APP-Cフラセラム」というビタミンC美容液をおすすめします。

APP-Cフラセラムは、ビタミンC誘導体APPSやフラーレンなどが贅沢に配合されていて、通常のビタミンCよりも肌へのなじみが良い点が魅力です。

ツヤやハリのある肌へ導いてくれます。

まとめ

目の下の血管が浮き出て見える原因として、クマが考えられます。

クマは青クマだけでなく、黒クマや茶クマなどの種類があります。

クマの原因は、クマの種類によって異なります。

そのため、クマを目立ちにくくするには、自分のクマの悩みに適した方法でセルフケアをしましょう

また、普段から血行促進のための温活や紫外線対策、保湿ケアなどクマを防ぐための対策を意識して行うことが大切です。

栄養バランスの良い食事や睡眠、ストレスをためないことなども心がけましょう。

クマ対策をして、いきいきとした印象の目元を維持してください。

0
TagKeywordこの記事のタグ