フォトRFはいつ効果が表れるのか

日焼けのシミにも効く?ニキビ肌荒れエイジングケアならフォトRFの効果

美容クリニックやエステサロンで人気なのが、レーザーやIPLの光治療器や高周波や超音波を使用した美容マシンですね。 中でも … 続きを読む 日焼けのシミにも効く?ニキビ肌荒れエイジングケアならフォトRFの効果

この記事は約12分で読み終わります。

美容クリニックやエステサロンで人気なのが、レーザーやIPLの光治療器や高周波や超音波を使用した美容マシンですね。

中でもフォトRFは、日焼けのシミ、ニキビや肌荒れ、エイジングケアにも効果があるといわれるオールマイティな美容マシンです。

そこで今回は、フォトRFの美容効果について詳しく解説します。

美容皮膚科医中島͡菓先生
  • この記事の監修者
  • 中島菓(なかじまこのみ)
  • 帝京大学医学部卒業後、都内大学病院にて臨床研修を終え、大手美容皮膚科にて美容皮膚科医として約2年勤務。現在は都内美容皮膚科クリニックにて美容皮膚科医続けながらフリーランス医師として、美しくなることで人生を豊かにできる、をモットーに様々な活動をしている。YouTubeでは最新美容医療や韓国コスメを男女問わずもっと身近に感じてもらえるような動画を作っている。美容雑誌VOCEの公式ブロガーVOCEST!としても活躍中。

日焼けのシミにも効くフォトRFとは?

シミ治療にRFフォト

フォトRFはIPLと高周波を同時に出力できる美容マシンです。

IPL単体で出力するフォトフェイシャルより、さらに様々な美容効果が得られる業務用美容マシンとして、多くの美容クリニックやエステサロンで使用されています。

フォトフェイシャルとフォトRFの違い

まずは、フォトフェイシャルとフォトRFの違いについて、詳しく見ていきましょう。

〇フォトフェイシャル

フォトフェイシャルのエネルギーはIPL(インテンスパルスライト)という光を使用しています。

このIPLは一般にはキセノンランプとして知られています。

キセノンランプはカメラのフラッシュで使用する光です。

美顔施術に使う光なのでフォトフェイシャルと言う訳です。

『フォトフェイシャル』は日本ルミナス社の特定の商品名ですが、美容クリニックやエステサロンでは、IPLを光源にしたフェイシャルマシンをフォトフェイシャルと呼んでいます。

レーザーなどの焦点を絞った特定の波長の単一光と違い、フィルターを使ってさまざまな波長の光を広範囲に照射するので、肌の表層に作用してクスミ改善や毛穴引締めなどの効果が期待できます。

〇フォトRF

フォトRFのRFとは高周波(ラジオ波)のことです。

高周波により電熱を作り出し、高周波を肌に照射するとさまざまな美容効果が得られます。

IPLの光が広範囲に肌の浅いところ(表皮)に作用するのに対して、RF(高周波)は肌のより深い部分(真皮上層)までエネルギーが到達します。

そのため、IPL(光)とRF(高周波)を同時に出力するフォトRFは、IPL単体で出力するフォトフェイシャルより、さらに多くの美容効果が期待できる訳です。

このため肌の奥まで定着してしまっている、日焼けによるシミにも効果が期待できます。

美容クリニックとエステサロンのフォトRFの違い

美容クリニックで使用するフォトRFマシンとしては、定番のオーロラやウルティマシリーズ、ヴィーナスシリーズなどがあります。

エステサロンでは、IPL(光)、RF(高周波)、LED(光)、EMS(筋肉刺激)、キャビテーション(超音波)など、数種類のエネルギーを同時出力して、脱毛、美顔、痩身を1台の美容マシンで3種類の施術すべてに対応する業務用美容マシンも導入されています。

しかし、エステサロンでは高出力の高いエネルギー領域や注射器を使用できません。

そのため、レーザーや針を使ったニードルメソセラピーなど医療治療器も使用できません。

また、エステサロンで使用する美容マシンでは、日焼けにより長いあいだ定着してしまったシミや、深いシワなどの改善効果は期待できません



ニキビや肌荒れにフォトRFの効果が表れるのはいつ?

フォトRFはいつ効果が表れるのか

フォトRFの美容効果は日焼けによるシミだけではありません。

ニキビや肌荒れといったスキンケア全般に効果が期待できます

さらに、美容クリニックではrejuvenation治療と言われるエイジングケアに効果を発揮するオールマイティな美容マシンです。

それでは、フォトRFの美容効果の種類と効果はいつ現れるのか?

美容効果の持続期間について解説します。

フォトRFの美容効果の種類

持続期間の前に、まずは、フォトRFの美容効果の種類についてみていきましょう。

〇シミ(日焼けによるシミ・老人性色素班、他)

顔のシミやくすみにまんべんなく広い範囲で光を当てることができます。

複数回照射することで、日焼けによるシミ(老人性色素班)、そばかす(雀卵斑)、クスミ改善など美白効果を高めることができます。

〇小じわ&たるみ

肌の新陳代謝を活性化し、真皮のコラーゲン・エラスチンの増加を促します。

これにより肌にハリが生まれ、小じわやたるみ改善に効果が期待できます。

〇赤ら顔

光がヘモグロビン(赤血球の赤い色素)と反応することで、毛細血管の拡がりを抑制する効果が期待でき、赤ら顔改善の効果が期待できます。

〇ニキビ&毛穴トラブル

毛穴の開き・黒ずみでは、光エネルギーがメラニンの多い皮膚に吸収されて、肌の黒ずみを薄めてくれます。

高周波も真皮層に届くため、肌の弾力アップに必要なコラーゲンを生成して毛穴に働きかけます。

このことにより、毛穴引締め、ニキビ予防など毛穴トラブル改善効果が期待できます。

〇産毛の脱毛

顔のうぶ毛が目立ちにくくなります。

産毛が薄くなることで肌のくすみが改善し、お化粧のりも良くなります。

因みに、エステサロンではIPLは脱毛全般に使用されています。

〇エイジングケア(肌荒れ予防)

過剰な皮脂の分泌を抑え、化粧くずれが少なくなります。(オイリー肌・ミックス肌に効果的)

フォトRFによって増えたコラーゲンが水分をしっかりキープし、お肌の水分保持力がアップします。

肌の水分・皮脂が理想バランスに近づきます。(乾燥肌・ミックス肌に効果的)

このように肌質を問わずエイジングケアと肌荒れ予防の効果が期待できます。

フォトRFの効果はいつから?効果の持続期間はどれくらい

フォトRFによって刺激をうけた真皮層にあるコラーゲンが徐々に増えきます。

うすいシミ・くすみの場合、1回の照射で効果が実感できる方も多くいます。

また、赤ら顔などは3〜5回の照射が必要です。

さらに、照射後3〜6ヶ月の期間が経過してから効果が表れる場合もあります。

施術目的や個人差によって効果が表れる期間は違ってきます

効果の持続期間は6ヶ月間から1年くらいといわれています

シミの場合はフォトRFの施術後、ケミカルピーリングやハイドロキノンクリームなどでアフターケアを続けると、シミ予防(美白)やエイジングケアにより効果的です。

日焼け肌にフォトRF は大丈夫?フォトRF の副作用

フォトRFの副作用は何か

日焼け肌は数日が経ち痛みなどの症状がなくても肌の中は炎症が続いている状態です。

ここにIPLの光で熱エネルギーが加わると熱傷や炎症性色素沈着のリスクが高まります。

過度に日焼けした肌へのフォトRF施術は厳禁です。

過度の日焼け肌にはフォトRFは厳禁!フォトRF の副作用

フォトRFの照射出力を強くすればするほど、熱傷(ヤケド)のリスクが高まります

フォトRF施術で、ヤケドにより肌が赤くなったり、かさぶたになったりする方もいます。

これは、エステサロンなどで、美容機器や皮膚知識のないエステティシャンがフォトRFの出力を上げ過ぎてしまった時に起こりうるケースです。

このため、国家資格を有する医師や看護師が施術を担当するクリニックでフォトRF施術を受ける方が安心安全です。

また、日焼け肌以外にもシミやそばかすなどに強く反応して一時的に照射部分の色が濃くなるケースもあります。

しばらくするとその部分がかさぶたになり、施術後10日~2週間ほど経つと自然にはがれ落ちてきます。

それまでに無理矢理かさぶたをはがす行為は厳禁です。

できたばかりの未成熟な皮膚が表面に出てくるので、シミ(炎症性色素沈着)や肌荒れに繋がる可能性が高くなります。

エイジングケアと肌荒れ予防に最適!フォトRFの料金と施術手順

今まで説明してきたようにフォトRFは、肌荒れ予防やエイジングケアに最適な美容マシンです。

しかし、過度の日焼け肌や高出力で照射すると熱傷(ヤケド)や逆に肌荒れのリスクもあるので、美容クリニックで施術を受けるようにしましょう。

ここでは、美容クリニックでのフォトRFの施術料金の目安と施術の流れを紹介します。

美容クリニックにおけるフォトRF施術料金の目安

フォトRFの施術は広範囲に照射できるので顔全体で1回の施術が1~3万円前後が目安です。

細かく顔のパーツを区分して施術料金を設定しているクリニックもありますが、部分的に照射すると割高になります。

フォトRFのマシン特性として広範囲に照射した方が美容効果を得やすいので、顔全体に照射したほうがニキビ予防や肌荒れ予防、エイジングケアに効果的です。

美容クリニックにおけるフォトRF施術の流れ

フォトRFの施術の流れを見ていきましょう。

① 洗顔

IPL+RFエネルギー照射前には、施術部位全体を含め必ず洗顔をして化粧や汚れをよく落とします

これはエネルギーの吸収を良くするためです。

アルコールでのふき取りも清浄効果を高めます。

特に目のまわりは注意して清浄を行います。

② ジェルの塗布

照射部位にジェルを 0.5~1mm 程度の厚みで塗布します。

熱伝導の良い透明なゼリーを使用することで、表皮の冷却効果が促進され、照射時の痛みも軽減されます。

③ フォトRFの施術

眼球保護のため目をアイマスク等で覆い、施術スタッフは専用の防護メガネ、ゴーグル等を装着し照射を行います。

照射部位にライトガイド(ハンドピース)を軽く押し付け、若干、皮膚を冷却しながら照射を行います。

施術時間は顔全体で15~30分です。

④ アフターケア

フォトRF施術後はお化粧をして直ぐ帰宅できます。

施術後、肌に多少の赤みと軽く腫れた感じが生じることがありますが、これはフォトRFの効果の現れですので特に心配する必要はありません。

当日の入浴もOKです。

ただ、施術部位へあまり刺激の強い行為は控えましょう

また、紫外線に対して敏感になっているので、強い日焼けを避けてください。

外出時は必ず日焼け止めを使用してください

このようにフォトRFの施術はダウンタイムや副作用もほとんどありません。

しかし、施術料金だけでクリニックやサロンを選んでしまうと、納得のいく効果を感じられない可能性があります。

キレナビではフォトRFの施術が受けられる信頼のおけるクリニックを簡単に検索できます。詳しくは下記のリンクをクリックしてみましょう。

フォトRFおすすめクーポンはこちら>>>

フォトRFのメリット&デメリット

フォトRFのメリットデメリットは何か

フォトRFは施術料金も比較的安価で、20年以上も美容クリニックやエステサロンで行われている安全性の高い美容施術になります。

フォトRF施術のメリット&デメリットを列挙してみました

フォトRF施術のメリット

  • 美容クリニックのメニューでは施術料金が比較的安価
  • 1回の施術で広範囲に照射できコストパフォーマンスが高い
  • シミ、ニキビ、毛穴ケア、肌荒れ、エイジングケアなどオールマイティな美容効果
  • 効果が穏やかで施術したのがバレにくい
  • ダウンタイムや副作用が少なく安全性が高い
  • レーザー治療などと比較すると施術中の痛みが少ない

フォトRF施術のデメリット

  • 1回の照射では効果が出にくい
  • エイジングケアや肌荒れ&ニキビ予防には定期的に照射が必要
  • レーザーや超音波などの高エネルギーマシンと比較すると効果が穏やか
  • 施術後の日焼けに注意が必要
  • 敏感肌や日光過敏症の方などは火傷(水ぶくれ)のリスクがある

フォトRF の上手な受け方&クリニックの選び方

上でも紹介したようにフォトRFは、20年以上も前から美容クリニックやエステサロンで使用されている安全性の高い業務用美容マシンです。

美容クリニック、エステサロンともにマシン施術は、新開発の技術や新しい美容マシンのほうが施術料金は比較的割高になります。

IPLとRF(高周波)は、クリニックやエステサロンで古くから導入されている技術です。

フォトRF自体も20年以上経過しています。

あまりおすすめしませんが、上記で紹介した料金相場より格安でフォトRFの施術が受けられるエステサロンやクリニックもあります。

フォトRFの上手な受け方

フォトRFはオールマイティな美容効果が期待できます。

現状では肌荒れや肌トラブルが少なく、スキンケアやエイジングケアの予防目的でフォトRF施術を受けるのがいいでしょう

しかし、ニキビや毛穴開きや、シミやシワなど肌トラブルに対応するには、肌の症状に合わせて医師の診断により、フォトRFの施術に加えて他の施術を併用するのがより効果的です。

このためにもエステサロンではなく、信頼のおけるクリニックでフォトRF施術を受けるほうが、高い治療&美容効果が期待でき安全で確実です。

キレナビでは、信頼のおけるクリニックで最新のフォトRFマシンを使用したお得なクーポンを入手できます。

興味があるかたは下記のリンクを確認してみましょう。

フォトRFおすすめクーポンはこちら>>>

まとめ

フォトRFは日焼けのシミや肌荒れ改善、ニキビ予防、エイジングケアというようにオールマイティな美容効果が期待でき、スキンケアに気を使う女性にはピッタリの優秀な美容マシンです。

お肌の曲がり角は25歳!と言われるように、20代も後半になったらエイジングケアに気を配る必要がありそうですね。

これを機会にあなたもフォトRFで肌荒れ防止とスキンケアをおこなってみませんか。

※参考書籍
『美容医療超実践講座』編者・宮田成章、㈱全日本病院出版会、2017.07.15
『Bella Pelle』(特集・美容機器・かたち)メディカルレビュー社、2021.05.10

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

キレナビではお得な情報をメルマガでも配信しています。
メールアドレスだけで登録いただけます。
この機会に是非お申込みをお願いします。


 

TagKeywordこの記事のタグ