レーザートーニングが肝斑によい理由

肝斑にはレーザートーニングが有効!痛みは大丈夫?

いままで、肝斑にはレーザーやIPLなどの光治療は向かないとされてきました。 しかし、近年はレーザートーニングによる肝斑治 … 続きを読む 肝斑にはレーザートーニングが有効!痛みは大丈夫?

この記事は約12分で読み終わります。

いままで、肝斑にはレーザーやIPLなどの光治療は向かないとされてきました。

しかし、近年はレーザートーニングによる肝斑治療を積極的に行う医師やクリニックが増えています。

レーザートーニングはレーザー治療ですが痛みはどうなのでしょうか?

また、シミはメラニン色素が増えてできてしまいますが、肝斑との関係はどうなっているのでしょうか?

肝斑とメラニンの関係や肝斑に有効とされるレーザートーニングについて解説します

恵比寿美容クリニック副院長西田恭之先生
  • この記事の監修者
  • 西田恭之 恵比寿美容クリニック副院長
  • 東海大学医学部医学科卒業。都内市中病院で初期研修後、消化器内科診療に従事。その後は人間ドックでの診療を続けながら恵比寿美容クリニックにて勤務し、現在は副院長として診療に従事。
  • 恵比寿美容クリニック>>>

痛みは大丈夫?レーザートーニングと従来のレーザー治療の違い

肝斑におすすめのレーザートーニングについて

脱毛施術やシミ取り、刺青除去など美容医療以外にも幅広く医療現場で使用されているのがレーザー治療器です。

レーザーは単一波長でありパルス幅(簡単に言うとパルスがでている時間のこと)や照射出力を調整することにより、さまざまな効果が得られます。

シミ治療に有効な従来のレーザー治療器

シミ治療のレーザー治療器の原理としては、ターゲットとするシミ(メラニン色素)がよく吸収する波長をもつレーザーを選び、ターゲットにレーザーの光エネルギーを吸収させ、そこで熱エネルギーに変換させて、ターゲットそのもの、もしくはその周囲の組織だけの温度を上げて、破壊、またはダメージを与えるのが従来のシミ治療に使用するレーザー治療器でした。

レーザーは単一波長なのでターゲットとするシミの色や濃さ、深さによって波長が合うレーザーの種類を選びます。

また、症状や目的に合わせてパルス幅を調整します。

レーザー脱毛やその他のレーザー治療を受けた経験がある方は知っているかもしれませんが、レーザ―治療器はレーザー照射時にパチパチと音を立てながら照射していきます

現在はピコレーザーといわれる1兆分の1秒やQスイッチレーザーの10億分の1秒というパルス幅の短いショートパルスレーザーがあり、小さい構造物であるメラニン色素をターゲットにしたシミとりなどに向いています。

逆にパルス幅の長いロングパルスレーザーは1000分の1秒単位のレーザーを発射して、熱が及ぶ範囲が広く、毛包周囲組織をターゲットにしたレーザー脱毛機などに使用されています。

痛みの少ないレーザートーニング

1990年代から使用されているQスイッチNd:YAGレーザー(ヤグレーザ―)は刺青除去やシミのメラニン色素をターゲットしたシミ治療に使用されてきました。

私たちが一般にシミと呼んでいる日光黒子(老人性色素班)には、強力なエネルギーでメラニン色素を破壊して改善が期待できるNd:YAGレーザー(ヤグレーザ―)でした。

しかし、肝斑に照射すると他の組織にもダメージを与えてしまい、シミ(肝斑)が濃くなるという症例が多く、肝斑治療にレーザー治療器の使用は禁忌と言われていました。

しかし、2000年代に入り東南アジアで比較的安価とされるNd:YAGレーザー(ヤグレーザ―)を低出力でお肌のエイジングケア(skin rejuvenation)に使用したところ、アジア人に多いとされるシミである肝斑に改善効果がみられたことから、日本でも2010年代に入り肝斑治療にQスイッチNd:YAGレーザー(ヤグレーザ―)を使用した肝斑(シミ)治療が広く行われるようになりました。

レーザートーニングとはQスイッチNd:YAGレーザー(ヤグレーザ―)を低出力で反復照射していくことで、お肌のトーン(色調)を整える施術になります。

施術時の痛みとしては、パチパチという痛みはありますが、低出力で照射している分痛みは少なくなります。

麻酔なしでも耐えられる程度の痛みです。

痛みに弱い方は麻酔クリームを使用しましょう。



シミとメラニンの関係!肝斑にレーザートーニングが有効な理由

レーザートーニングが肝斑によい理由

シミは紫外線や他の原因でメラニン色素が増殖してしまい、このメラニン色素が通常のターンオーバーで排出されず、お肌に定着してしまうのがシミの原因です。

このため、紫外線を浴びないUVケアがシミ予防とスキンケアの基本です。

では、一般に私たちがシミと呼んでいる日光黒子(老人性色素班)と肝斑はどう違うのでしょうか?

肝斑にレーザートーニングが有効な理由を解説します。

肝斑と他のシミの違い

シミとはお肌の表面が色素沈着をおこしている状態で、本来は肝斑と書いてシミと読んでいました。

しかし、一般に私たちがシミと呼んでいるのは、日光黒子(老人性色素班)や炎症性色素沈着のことです。

どのシミもメラノサイトの活性化により過度にメラニン色素が生産されて、通常の肌のターンオーバーでは、体外にメラニン色素が排出されずお肌にメラニン色素が残ってしまいシミになっているのです。

大半のシミは表皮に色素沈着が起こっている状態で、炎症性色素沈着は真皮まで達しているシミもあります。

通常のレーザーによるシミ治療は表皮のメラニン色素を破壊してシミ改善の効果が期待できます。

しかし、肝斑は他のシミと同じく表皮にメラニン色素が定着している状態ですが、他のシミとは異なり発症原因に女性ホルモンが関連しており、アジア系や有色人種に多いシミで、閉経すると改善することが多く、正確には肝斑の原因は究明されていません。

また、肝斑も他のシミと同じく紫外線を浴びるとシミが濃くなったり症状が悪化したりします。

肝斑治療の種類とレーザートーニングの効果

従来のレーザーやIPLを使用した光治療で肝斑にレーザーを照射した場合、メラニン以外の他の組織にもダメージを与えてしまい、真皮層にもダメージが及び炎症性色素沈着を起こして肝斑が悪化する懸念がありました。

QスイッチNd:YAGレーザー(ヤグレーザ―)を低出力で反復照射するレーザートーニングでは、他の組織にダメージを与える影響は少なく、炎症性色素沈着をおこすことなく肝斑の改善が期待できます。

レーザートーニング以外の肝斑治療の種類としては、以前から行われているトラネキサム酸やビタミンCの内服や外用剤としてトラネキサム酸やビタミンCやハイドロキノンなどを使用する方法があります。

上記の内服や外用剤を塗布して改善の経過を見てからレーザートーニングを行うのが肝斑治療では一般的です。

肝斑治療におけるレーザートーニングの照射は1週間おきに5回前後行います。

その後、症状に合わせて通常のレーザー照射を行うケースもあり、3ヶ月から半年前後の治療期間が必要です。

他のレーザーによるシミ治療のように1回でメラニンを破壊するのではなく、レーザートーニングを1~2回受けて短期間に肝斑が改善するというような即効性のある治療ではありません。

他のシミにも有効!レーザートーニングの美容効果

先述したようにレーザートーニングは、お肌のエイジングケアで使用されたのが始まりですので、肝斑以外のシミ改善やシミ予防、シワ予防やクスミ改善、毛穴ケアなど、レーザートーニングの名称が示すように肌の色調を整える効果である美白効果も期待できます

キレナビでは、レーザートーニング施術がお得な値段で受けられるクーポン券が入手できます。

興味を持たれたかたは下記のリンクを確認してみましょう。

レーザートーニング/人気順の美容医療クーポン-キレナビ (kirei-c.com)

肝斑の光治療は困難?レーザートーニングのメリット&デメリット

レーザートーニングのメリットデメリット

いままでは肝斑への光治療は禁忌とされていました。

しかし、現在はレーザートーニングで肝斑改善が期待できることが分かりました。

他のレーザー治療のように1回のレーザー照射で短期間に肝斑が改善することはなく、長期的に数回のレーザートーニングの照射が必要なのがデメリットと言えます。

レーザートーニングのメリット&デメリットは下記のようになります。

レーザートーニングのメリット

まずはレーザートーニングのメリットについてみていきましょう

〇肌へのダメージが少なくダウンタイムが短い

レーザートーニングは、他のレーザー治療と比べて弱い出力で照射を行うのが特徴です。

弱い出力での照射を繰り返すことで、徐々にシミなどの原因となるメラニン色素を壊していきます。

照射による肌へのダメージは最小限に抑えられており、また肌トラブルが起こっている部位以外の正常な皮膚組織への損傷もほとんどありません。

〇シミ改善だけでなく美肌効果も得られる

メラニン色素を破壊して肌の色調を整えるため、シミやくすみ・肝斑などの肌トラブルを改善する効果があります。

ヤグレーザーは皮膚の深い部分にまで達してコラーゲンの生成を促します。

その結果、肌のハリ感が増したり毛穴が引き締まったりする効果が期待できます。

〇レーザー治療が”禁忌”とされていた肝斑にも施術可能

レーザートーニングの施術において最も特徴的なのは、肝斑に対しての照射が可能という点です。

これまでは、強い出力でのレーザーを照射してしまうと肝斑の症状を悪化させてしまう恐れがあるとされており、肝斑へのレーザー治療は”禁忌”ともされていました。

しかし、このレーザートーニングでは低出力で照射が行われるため、肝斑への治療も可能となりました。

レーザートーニングのデメリット

次にレーザートーニングのデメリットについてみていきます。

〇すぐには効果を実感できない

レーザートーニングは、1回の照射で劇的な効果を得ることができるようなものではありません。

個人差はありますが、3〜5回目の照射でやっと効果を実感できるケースも多く、10回以上の定期的に施術を受ける必要がある方もいます。

また、肝斑の改善がみられるには半年〜1年ほどの期間がかかる方も多く、即効性を求める方には向きません

〇副作用が出てしまう可能性がある

肌へのダメージは少ない施術と言われていますが、少なからず刺激を与えることになります。

そのため施術後は肌が乾燥気味になったり、多少の赤みやほてり感が出てしまったりすることは珍しくありません。

症状がひどいと、ニキビや吹き出物の発生や、強いかゆみが出てしまう場合もあります。

〇効果には個人差がある

レーザートーニングは、人によって効果の現れ方に大きな差がある施術です。

数回の照射でも目に見える効果が現れたという方も居れば、5回10回と回数を重ねることで徐々に効果を実感できたという方も居ます。

中には5回10回と照射してもレーザートーニングの効果が表れない方もいます。

〇肝斑治療では通院回数が多くなり高額料金になる

肝斑治療は大半が美容目的であり保険適用外の自由診療になります。

レーザートーニングの1回の照射は5千円~1万円前後で5回前後の照射が必要で、他にトラネキサム酸やビタミンCの内服や外用剤、ケースによっては他のレーザー照射も必要になり、半年から1年前後通院するケースもあります。

このためレーザートーニングで肝斑治療を行うには、完治するまで高額な治療費が必要になる場合もあります

肝斑にはクリニックでレーザートーニングがおすすめ

肝斑クリニックで治療することがおすすめ

肝斑にはレーザートーニングが有効なことが分かりました。

ここではレーザートーニングの施術手順とレーザートーニングを受ける時の注意点を紹介します。

肝斑へのレーザートーニング施術の手順

①洗顔

診察時に肌の状態を確認するので、先に洗顔でメイクを落とします。

②カウンセリング&診察

シミや肝斑の症状を診断します。

肝斑の状態によっては、まずトラネキサム酸の内服や肌ケアの指導から始めさせていただく場合もあります。

お肌の状態やお身体の健康状態などを診察時に確認します。

レーザートーニングについて説明します。

レーザートーニングによる施術が適しているかの確認、効果やリスクなどの説明をします。

③レーザートーニング施術

シミや肝斑などお顔の治療したい部分にレーザーを当てていきます。

治療時間は約5~30分程度です。

④施術後(アフターケア)

レーザーで火照った肌を冷却します。

術後は少し赤みが残ることもありますが、通常は数時間程度でなくなります

保湿と処置後の赤みをおさえるためにクリームを塗布します。

治療直後からメイクが可能です。

そのまま帰宅できます。

肝斑改善にはクリニックがおすすめの理由

レーザートーニングは比較的弱いエネルギー出力で照射するレーザー治療です。

IPLでの代用も可能であり、エステティックサロンでもシミ(肝斑)ケアにIPL施術をすすめているエステサロンもあります。

しかし、肝斑は他のシミが併発して発症しているケースも多く、さらに老人性色素班(日光黒子)を肝斑と思っている自称肝斑のかたも多いようです。

肝斑以外の通常のシミであってもレーザー治療が必要なので、クリニックでお肌の専門家である皮膚科医による診断を受けたのち、クリニックでレーザートーニングの施術を受けるほうが安全で確実です。

また、肝斑治療ではトラネキサム酸などの内服薬や外用剤のお薬が必要なケースも多いので、最初から最後までトータルケアが出来る美容皮膚科や美容外科などのクリニックでの施術がおすすめです。

キレナビではお肌の専門家である皮膚科医の診察を受けたのち、あなたの肝斑やシミに合わせて適切な施術を提案してくれる、優秀な医師やクリニックを簡単に検索でききます。

詳しくは下記のリンクを確認してみましょう。

レーザートーニング/人気順の美容医療クーポン-キレナビ (kirei-c.com)

まとめ

肝斑をふくめてシミは何かの原因でメラニン色素が増えてしまい、通常の肌のターンオーバーではメラニンが体外に排出されず、お肌にメラニン色素が残ってしまっている状態です。

また、肝斑は女性ホルモンが関係しており、他のシミより比較的難治で複雑な面もあります。

ご自分でシミケアをするより皮膚科医に相談して、肝斑の場合はレーザートーニング施術を受けるのが安全で肝斑改善への近道になります

※参考書籍
『Bella Pelle』(特集・肝斑)メディカルレビュー社、2019.05.31

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

キレナビではお得な情報をメルマガでも配信しています。
メールアドレスだけで登録いただけます。
この機会に是非お申込みをお願いします。


 

TagKeywordこの記事のタグ