フラクショナルレーザーの効果

毛穴ケアとニキビ跡にはフラクショナルレーザー!痛みや肌の赤みは大丈夫?

クレーターのような凸凹肌のニキビ跡! なかなか治らないのであきらめている方も中にはいるようです。 レーザー治療で治るとい … 続きを読む 毛穴ケアとニキビ跡にはフラクショナルレーザー!痛みや肌の赤みは大丈夫?

この記事は約13分で読み終わります。

クレーターのような凸凹肌のニキビ跡!

なかなか治らないのであきらめている方も中にはいるようです。

レーザー治療で治るといわれているけどどうなんでしょうか?

なんとなく痛そうだし肌に赤みが出たら嫌だし、治療を受けるにはちょっと・・・。

そんな心配をしている方も多いでしょう。

しかし、レーザー治療は進化しています!

赤み、毛穴開き、ニキビ跡、肌悩みを解決してくれるフラクショナルレーザーについて解説します。

恵比寿美容クリニック副院長西田恭之先生
  • この記事の監修者
  • 西田恭之 恵比寿美容クリニック副院長
  • 東海大学医学部医学科卒業。都内市中病院で初期研修後、消化器内科診療に従事。その後は人間ドックでの診療を続けながら恵比寿美容クリニックにて勤務し、現在は副院長として診療に従事。
  • 恵比寿美容クリニック>>>

目次

フラクショナルレーザーと従来のレーザー治療器の違い

ニキビ跡や毛穴ケアのフラクショナルレーザーについて

クレーターのような凸凹肌のニキビ跡にはレーザー治療が有効です。

レーザー治療器が使用される前は、グラインダーで肌を削りとる削皮術が行われていました。

これがアブレージョンといわれる施術です。

このアブレージョンをレーザー治療器で行うのが従来のニキビ跡へのレーザー治療でした。

以前は肌の赤みやダウンタイムが長いニキビ跡へのレーザー治療器

以前は陥没した瘢痕(ニキビ跡)の縁辺部や突起した瘢痕そのものをグラインダーで削りとっていた作業を炭酸ガスレーザーやヤグレーザーで行うのがレーザーアブレージョンです。

レーザーの熱で削りとると傷ができます。

この傷による組織回復と周辺への熱作用による変性で肌の組織が再構築されて肌の凸凹の改善が見込めます。

しかし、原理は熱傷(やけど)・擦過傷(擦り傷)を作っているのと同じです。

この傷の回復効果を利用しているわけですから、深層までダメージを与えるとニキビ跡の劇的な回復が期待できます。

半面、レーザーで深層までダメージを与えることは、深く傷を作っているのと同じなので、治療後の一定期間は肌の質感が正常からほど遠い傷跡のような状態になります

深くアブレージョンする(削りとる)と効果も上がりますが、それにともないダウンタイムも長期化します。

お肌の皮ができる上皮化に通常1~2週間かかり、赤みや色素沈着が収まるのは数ヶ月から1年前後必要です。

ケースによっては数年経っても飲酒時などに肌の赤みが生じることもあります

この肌の赤みやダウンタイムを避けるため、Nライトレーザーなどを使ってアブレージョンを起こさない、ノンアブレイティブ(非外科的)レーザー治療もありますが、照射回数を要するほかに治療効果の個人差が大きく、多くの方の満足を得にくいというデメリットがありました。

痛みやダウンタイムも短いフラクショナルレーザー

2004年に理論が確立され、その後多くのクリニックで使用されるようになったのがフラクショナルレーザーです。

従来のレーザー治療器は面上にレーザーを照射して照射面を削りとるイメージでした。

フラクショナルレーザーは、小さな点状に無数のレーザーを照射します。

レーザーを照射された肌は、一時的に組織が破壊されますが、それを修復しようとする力が働き、肌の再生が進んでいきます。

レーザーを面上に照射した場合、肌へのダメージが強すぎて上でふれたようにダウンタイムの長期化や肌の赤みが避けられませんでした。

これに対しフラクショナルレーザーは、極小直径のレーザーを多数照射するので、照射単位面積あたりは非常に高いエネルギーを照射しますが、点状照射の集まりなので照射面積全体として僅かな皮膚ダメージですみます

従来のレーザー治療器が面上に皮膚を削り取っている(アブレージョン)としたら、フラクショナルレーザーは、ピンポイントの点描画(ドットプリンタ)のように照射して、皮膚のダメージは軽く、しかし全体としては高い効果が期待できるレーザー治療になります。

このため痛みも少なく、肌の赤みやダウンタイムも軽減されるわけです。

フラクショナルレーザーの種類

フラクショナルレーザーは二つの種類に分かれます。

主に組織の蒸散を起こして周囲の熱変性が生じるアブレイティブフラクショナルレーザーと組織の蒸散ではなく熱変性がメインのノンアブレイティブフラクショナルレーザーです。

〇アブレイティブフラクショナルレーザー(蒸散型)

肌をグラインダーで削るアブレージョン施術と同様の効果が得られるのがアブレイティブフラクショナルレーザーです。

蒸散型のフラクショナルレーザーは、2940~10600nmという水分への吸収が高い長めの波長のものとなります。

レーザーの熱エネルギーで瞬間的に皮膚のたんぱく質を蒸散させることで、新しい皮膚の再生を促す作用があります。

特にニキビ跡や毛穴の開きには非蒸散型よりも高い効果が期待できます。

効果が高い反面、施術中の痛みや術後の赤み、腫れが長引くなどのデメリットもあります。

代表的な機種はアンコアやCO2RE(コア)などです。

〇ノンアブレイティブフラクショナルレーザー(非蒸散型)

ノンアブレイティブフラクショナルレーザーは蒸散型よりも短い波長(1320~1927nm)のレーザーを使用して、照射直後に凝固層を作ります。

このため「凝固型」とも呼ばれます。

レーザーは単一波長のため波長が長いほど深達度が深く、波長が短いほど深達度が浅く、皮膚へのダメージも軽減されます。

皮膚深部に熱変性による刺激を与えることで、コラーゲンやエラスチンの生成を促し、ハリや弾力を生み出す効果が期待できます。

毛穴開き改善や毛穴の輪郭を曖昧にする毛穴ケア、シワやたるみ、色素沈着やくすみの改善など、肌悩み全般に効果が期待できます。

ダウンタイムが比較的軽いという特長もあります。

代表的な機種はフラクセルやアファームなどです。


ニキビ跡と毛穴ケアに最適!フラクショナルレーザーの効果

フラクショナルレーザーの効果

肌表面が凸凹したクレーターのようなニキビ跡は古典的なグラインダーで削り取るかレーザーでアブレージョンするのが現在でも有効な治療手段です。

しかし、アブレージョンには肌の赤みとダウンタイムの長期化が避けられません。

このアブレージョンのウィークポイントを改善したのがフラクショナルレーザーでした。

ニキビ跡にはアブレイティブフラクショナルレーザー

ニキビによる炎症が長期間続くと、色素沈着や患部が陥没してできたクレーターによる肌の凹凸など、ニキビ跡が残ることがあります。

既にできてしまったニキビ跡については、自力で治すのは現実的ではありません

そこでレーザー治療が必要になるわけです。

炭酸ガスレーザーやヤグレーザーなど波長の長い強力なレーザーを点状に照射して、皮膚深部の真皮層まで無数の微細な穴をあけ効果的にコラーゲンを生成させ、ニキビ跡の凹みの改善効果が期待できます。

従来の面上に照射するレーザー治療(アブレージョン)より痛みが少なく、肌の赤みやダウンタイムも大幅に軽減されています。

毛穴ケアや肌悩み全般はノンアブレイティブフラクショナルレーザー

ノンアブレイティブフラクショナルレーザーは皮膚の生まれ変わりを促すため、1つの施術でさまざまな肌悩みの改善に効果が期待できます。

また、真皮を熱エネルギーで刺激することで皮膚にハリを与え、若々しさを取り戻すエイジングケア(Rejuvenation)効果も期待できます。

ノンアブレイティブフラクショナルレーザーは、アブレイティブフラクショナルレーザーと比較すると痛みが少なく肌の赤みやダウンタイムが殆どないのが特徴です。

主な美容効果は下記になります。

  • 皮膚を引き締めてシワやたるみを改善
  • 毛穴開き改善、毛穴の輪郭を曖昧にする毛穴ケア全般
  • シミ、そばかす、肝斑、色素沈着などの除去
  • ニキビ跡や傷跡などによる肌の凸凹の改善

このように痛みが少なくダウンタイムも比較短くさまざまな美容効果が期待できるフラクショナルレーザー施術のクーポンがキレナビで入手できます。

赤みやダウンタイムは?フラクショナルレーザーのメリット&デメリット

フラクショナルレーザーのメリットとデメリット

ニキビ跡改善に限っていえば効果は、通常のレーザーアブレージョン>アブレイティブフラクショナルレーザー>ノンアブレイティブフラクショナルレーザーの順になります。

反対に肌の赤みや痛み、ダウンタイムの短さは、通常のレーザーアブレージョン<アブレイティブフラクショナルレーザー<ノンアブレイティブフラクショナルレーザーの順になります。

ニキビ跡改善に関しては効果をとるかリスクをとるかの選択になりそうです。

クレーターのような激しい凸凹肌の方は痛みやダウンタイムがあっても通常のレーザーアブレージョンを選択される方もいます。

しかし、凸凹が激しい方は深くアブレージョン(削りとる)する必要があるので、それだけダウンタイムも長期化して赤みや色素沈着が数年間のこる可能性もあります。

フラクショナルレーザーのメリット

〇従来のレーザー治療では難しいとされていた症状にも対応

クレーターのようなニキビ跡や毛穴開き、定着してしまったシワ、傷跡など、従来のレーザーや光治療では難しいとされていた、さまざまな症状や美容施術に対応して、肌に滑らかさを取り戻す効果に優れています。

〇美容効果を比較的早く実感できる

フラクショナルレーザーを照射すると、数日後に細かいかさぶたができます。

これが約一週間で自然に剥がれ落ちると、その下から新しいスベスベ肌が現れます。

フラクショナルレーザーを一回照射すると、照射部位の皮膚の15〜20%が入れ替わるとされており変化も比較的早く実感できます。

〇一つの治療でさまざまな美容効果が期待できる

フラクショナルレーザーの熱作用が真皮層まで達することで、自然治癒力を刺激して、レーザー照射でできた皮膚の極小の穴を再生するためにコラーゲンやエラスチンの生成が促進されます。

このことが内側からハリや弾力を取り戻す手助けをしてくれます。

さらにシミやクスミといった色の肌トラブルから、小じわや毛穴開き、ニキビ跡など新しい皮膚と入れ替えることで改善する効果が期待できます。

フラクショナルレーザーのデメリット

〇ダウンタイムがある

アブレイティブフラクショナルレーザーには、ダウンタイムがあります。

照射直後~数日間にかけて、肌に赤みや腫れが現れます

また、細かいかさぶたができるため、肌にざらつきも感じます。

気になるかもしれませんが、1週間程度で自然に剥がれ落ちるため、無理に剥がさないようにしてください。

〇照射時に痛みがある

アブレイティブフラクショナルレーザーは照射前に麻酔クリームを使用しますが、それでも照射中に熱感やピリピリとした痛みを感じます

また、照射後も強い日焼けをした後のようなヒリヒリとした熱感が数時間続きます。

痛みに弱いかたは、事前に医師や看護師に伝えておきましょう。

〇複数回の照射が必要

肌のハリや弾力の回復は1回の照射でも感じられる人が多いのですが、ノンアブレイティブフラクショナルレーザーでのシワや毛穴ケアなどの治療には5回前後の定期的な照射が必要です。

美容目的のレーザー治療は自由診療になるため、複数回の照射では費用も高額になります。

フラクショナルレーザーの後遺症や失敗例

〇ダウンタイムが長引く

照射出力に比例して様々な症状も強くなり、ダウンタイムが長引くことが一般的です。エネルギー出力を上げれば点状出血も生じやすくなります。

〇色素沈着を起こすことがある

施術後の小さなかさぶたが気になって、肌を擦ってしまうなどすると摩擦により色素沈着をおこす原因になります。

施術後はお肌への刺激をなるべく減らすようにしましょう。

〇やけどすることがある

レーザーであけた穴の周囲は熱でダメージを受けるため、穴をあける密度やエネルギーの出力によってはやけどのような状態になる場合があります。

〇赤ら顔が悪化する(赤みが残る)

照射の密度が増せば増すほど赤みが長く残ります。

特に血管が透けている場合などは、フラクショナルレーザーによって炎症が引き起こされ、血管が増殖することがあるためです。

〇ニキビが悪化する

ニキビ跡改善に有効なフラクショナルレーザーですが、レーザーの熱刺激によって皮脂腺が刺激され皮脂の分泌が活発になってニキビが発生したり、悪化したりする可能性があります。

〇効果が現れない

フラクショナルレーザーはレーザーの種類によって効果が変わるため、満足する効果が現れないことがあります。

同じ機器でも肌と出力のバランス、密度、レーザーの重ね方や角度、治療の間隔などで結果は大きく異なる可能性があります。

また、適切な治療を行っても酷いニキビ跡や深いシワ、リフトアップ、シミ改善などに対しては効果が期待できないケースもあります。

その場合は他の治療方法も選択肢に入れ、担当医師に相談しましょう。

毛穴の肌悩みニキビ跡はフラクショナルレーザーで改善!クリニックの選び方

美容クリニックの選び方

クレーターのような凸凹肌のニキビ跡で悩んでいるかたは、早く改善したいと思い藁にもすがる気持ちでクリニックに駆け込みたくなるかもしれません。

しかし、ニキビ跡といっても個人差が大きく、上で紹介したフラクショナルレーザーの施術だけで改善できるとは限りません。

フラクショナルレーザー施術を受ける時のクリニック選びについて紹介します。

フラクショナルレーザー施術の流れ&注意事項

①洗顔

メイクを丁寧に落とします。

②診察

医師が症状を拝見し、フラクショナルレーザーの種類や照射設定や麻酔の有無を決定します。

③施術(照射)

麻酔クリーム塗布。

約20分おいたのち、担当の医師や看護師が照射します。

④クールダウン

フラクショナル炭酸ガスレーザーなどは、照射後に冷却を行います。(必要に応じて軟膏を塗布します。)

⑤メイク後・帰宅

ノンアブレイティブフラクショナルレーザーの場合は、施術後メイクしてすぐ帰宅できます。機種や症状によっては照射後メイクが出来ないケースもあります。

〇注意&質問事項

・赤みはどのくらいのこる?

ケースによって異なります。

フラクショナル炭酸ガスレーザーは処置後から赤みが強く表れ、3日~1週間程持続します。

ノンアブレイティブタイプのニキビ跡凹み・毛穴フラクショナルレーザーは、翌日まで残ったとしてもメイクで隠せる程度です。

・毛穴やニキビ跡の凹みは何回の照射が必要?

個人差や症状にもよりますがフラクショナルレーザー治療は、1回の照射で肌の10~20%を入替えると言われています。

最低でも5回以上の照射が必要です。

・治療感覚はどれくらい空ければいい?

症状にもよりますが、目安としては、ニキビ跡凹み・毛穴フラクショナルレーザーは、照射設定により、2~6週間に1度、フラクショナル炭酸ガスレーザーは1~2ヵ月に1度程度のペースとなります。

ニキビ跡&毛穴ケアにおける賢いクリニックの選び方

担当の医師がニキビ跡の悩みや毛穴の悩みについて丁寧にカウンセリングを行い、肌悩みの深刻さを医師に伝えたときに、担当医師が真摯に受け止めて、症状に合わせた治療方法の提案をおこなってくれます。

選択肢の一つとしてフラクショナルレーザーの施術内容について、メリットだけでなくデメリットも、しっかりと説明してくれて、その説明が分かりやすいことも大切なポイントです。

キレナビでは、ニキビ跡や毛穴ケアなど肌悩みについて、フラクショナルレーザー施術だけでなく、さまざまな施術方法の中からあなたに合った施術方法とクリニックを簡単に検索できます。詳しくは下記のリンクをクリックしてみましょう。

まとめ

フラクショナルレーザーにはさまざまな種類があり、対応する症状や赤みの出る期間、ダウンタイムも大きく異なります。

あなたの肌悩みに合わせて、最適な治療方法を提案してくれるクリニックを選択したいものです

そのためにはカウンセリングを受けてみて、丁寧に対応してくれる信頼のおける医師とクリニックを選びましょう。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

キレナビではお得な情報をメルマガでも配信しています。
メールアドレスだけで登録いただけます。
この機会に是非お申込みをお願いします。


 

TagKeywordこの記事のタグ