ニキビや毛穴ケアにはダーマペン

ダーマペンはニキビ&毛穴ケアに効果的!針なのに痛みはない?

メソセラピーに使用するのが針を使ったダーマペンやダーマローラーです。 ニキビや毛穴ケアに効果的といわれるダーマペンですが … 続きを読む ダーマペンはニキビ&毛穴ケアに効果的!針なのに痛みはない?

この記事は約11分で読み終わります。

メソセラピーに使用するのが針を使ったダーマペンやダーマローラーです。

ニキビや毛穴ケアに効果的といわれるダーマペンですが、他の針を使った注入施術とはどう違うのでしょうか?

針を使うので痛みが心配という方もいるかもしれませんね。

そこで今回は、ダーマペンについて詳しく解説します。

恵比寿美容クリニック副院長西田恭之先生
  • この記事の監修者
  • 西田恭之 恵比寿美容クリニック副院長
  • 東海大学医学部医学科卒業。都内市中病院で初期研修後、消化器内科診療に従事。その後は人間ドックでの診療を続けながら恵比寿美容クリニックにて勤務し、現在は副院長として診療に従事。
  • 恵比寿美容クリニック>>>

目次

針で注入?ダーマペン&ダーマローラーとダーマシャイン(水光注射)の違い

ダーマペンについて

メソセラピーに使用する針のついたダーマペンやダーマローラーのダーマとは、ギリシャ語で皮膚という意味です。

さらに、メソセラピーのメソとは英語で中間を意味します。

注射器を使って肌の奥に直接薬剤を注入するフィラー注入施術とは違い、痛みは大幅に軽減されているのがダーマペンを使ったメソセラピーです

針を使うメソセラピーとは?

メソセラピーとは、注射などによって有効成分を体内に注入する医療行為全般を指します。

皮内もしくは皮下に注射器や専用器で薬剤を少量ずつ注入することで、さまざまな治療効果が期待できます。

上でふれたようにメソセラピーのメソとは「中間」、「中央」という意味を持つ英単語です。

このことから施術の効果を最大限に得るために皮膚表面から1.5mm程度の深さに成分を注入するのがメソセラピーでは一般的です。

これは筋肉および血管への注射や、薬の内服を内側の治療、外用薬の塗布を外側の治療としたときに、ちょうど両者の中間にあたるような治療方法となります。

薄毛に悩むお父さんのAGA治療にダーマペンやダーマローラーを使って頭皮に薬剤を注入する育毛メソセラピーや部分痩せの施術である脂肪溶解注射などがメソセラピーの代表的な施術です。

針を使い痛みの少ないダーマペン&ダーマローラー

ダーマペンとダーマローラーは、他の注入治療のように針から直接薬剤を注入する施術ではありません。

ではなぜさまざまな医療&美容効果が期待できるのでしょうか?

ダーマペンとダーマローラーの仕組みを解説します

〇ダーマローラー

ダーマローラーは医療用のステンレスでできたローラーで、細かい針が200本ほどついたローラーを肌の上で転がして、皮膚表面に無数の微小な刺傷をつけ、肌の再生を促します。

針のついたダーマローラーを肌の上で転がすと約1ヶ月かけて徐々に真皮内ではコラーゲンが増成されます

コラーゲンが増成されることにより、皮膚にハリをもたらし、小じわを埋め、ニキビ跡などの凹凸を平らにする効果が期待できます。

〇ダーマペン

ダーマペンは以前からあるダーマスタンプを電動化したものでペン状の形をしており、ペン先には、10本以上の超極細の針(マイクロニードル)がついていて、この極細の針で皮膚に垂直に穴をあけて刺激します

針の長さは、施術する部位などに合わせて深さを自動で調整できます。

たとえば、目元などは皮膚が薄いので浅い針を刺します。

また、頬などは皮膚が厚いので針を深く刺します。

長い針を用いると、皮膚表面の表皮よりもさらに深い場所にある、真皮層にも微細な穴をあけることができます。

ダーマペンは厳密に言うと違うのですが、BCGワクチン接種で行う「経皮接種」管針法(スタンプ方式)であるハンコ注射をイメージすれば分かりやすいと思います。

また、ダーマペン4は電動の自動制御で針の長さと深さを調節できるので、ダーマローラーのようにランダムに斜めから針が刺さるのとは違い、ダーマペンは極細の針が肌に垂直に刺さりますので、針の穴がとても小さく、短時間でふさがります。

ですから、傷跡が残ることもなく、ダウンタイムも短縮できるのです。


痛みはある?注入施術で使用する注入器の種類

ダーマペンやダーマローラー自体は針を刺すだけの器具なので薬剤の注入は出来ません。

薬剤を同時に注入するメソセラピーで使用する器具には下記のようなものがあります。

〇注射器による注入施術

従来からあるオーソドックスな方法が注射器を使った注入施術です。

現在はマイクロカニューレといわれる注射針の横に穴が開いているものもあります。

マイクロカニューレは針の長さも長くて細く、フレキシブルなのが特徴です。

つまり、一点の刺入から針の向きを変えたり動かしていくことで広範囲に注入でき、何カ所もさす必要がないのです。

一般の注射針で注入しようとすると内出血はかなりの確率で起こります

そこで内出血しにくい部位に1点から穿刺し注入することで、リスクを最小限に抑えことが可能です。

〇ダーマシャイン(水光注射)

ダーマシャイン(水光注射)は1ショット5本の極細針で注射ができます。

そのため、1針ごと手打ちで注射するよりも施術時間を大幅に短縮する事ができ、肌への負担が軽くなります。

手打ちの注射器のように、注入量を均一に保てず肌にでこぼこが生じたり、注入速度や圧力が異なるために痛みが強く出ることもありません。

〇メソガン

メソガンは1本の針で目標を狙い打ちできる自動制御の注入器です。

ダーマローラーやダーマペンのような単体の損傷だけによる美容効果だけでなく、成分の注入(PRP療法の血小板、自己幹細胞、サイトカイン)など皮膚再生成分を同時に注入する事によって、損傷効果と美容効果による相乗効果で皮膚再生治療の高い効果が期待できます。

ニキビと毛穴ケアにはダーマペン!ダーマペンの美容効果

ニキビや毛穴ケアにはダーマペン

2010年にダーマペンが登場してから改良が進み、現在はダーマペン4まで進化しています。

ダーマペンにはどのような効果が期待できるのか

詳しく見てみましょう。

ダーマペン4の特徴

ダーマペン4は16本の微細なマイクロニードル針を用いて高密度にお肌に垂直に穴を開け、その真皮に成長因子やヒアルロン酸を導入できます。

アメリカFDAで承認されている医療器具で従来の器具に比べて表皮への襲撃が少ないため痛みも軽減でき、より安全に肌質の改善を図ることができます。

しかも短時間で治療効果を引き出すことができます。

機械が振動し、針長は0.25~2.0㎜までの深さになります。

治療目的や部位により調節しながら細やかな治療をすることが可能になり、お肌の傷が小さく従来の他の治療に比べて回復がとても速いのが特徴です。

ニキビと毛穴ケアに効果を発揮するダーマペン4

ニキビ痕の色素沈着やニキビ跡の凹みは、真皮まで影響しています。

真皮は表皮に比べて皮膚の深い部分にあり、ダーマペン4で無数に穴を空けることで、ターンオーバーが活性化され、色素沈着や皮膚の凹みが早く治癒されます。

ニキビ跡の凹みが深かったり、色素沈着が強い場合、3週間程度の間隔を空けて、5回~10回の施術が必要になります。

鼻や頬にある毛穴の汚れは過剰な皮脂の分泌が大きな原因です。

皮脂が排出されずに毛穴に詰まってしまうと、角栓に変化してしまいます。

その角栓が空気に触れ、酸化すると色が黒ずんでしまい黒ずみになります。

皮脂の分泌や角栓の原因としては、年齢を重ねることによる肌質の変化、肌のターンオーバーの乱れなどです。

ダーマペンで肌に細かい針穴を空けることで、肌の自己再生作用を高め、皮膚のコラーゲン、エラスチンの生成を促進します。

さらにターンオーバーを早めることで、肌質を改善に導きます。

こうすることで毛穴に角栓が出来づらくなり、毛穴の汚れを改善させます。

ダーマペン4を使用した施術と美容効果

ダーマペン4を使用した施術の効果についてみていきます。

〇エイジングケア

ヒアルロン酸やアルジルリンなどの薬剤をダーマペンを使用した後に注入することにより、高いアンチエイジング効果が期待できます。

アルジルリンは表情筋の収縮をゆるめる作用があるため、表情じわの改善に効果があります。

ヒアルロン酸は高い保水能力により肌の乾燥を防ぎ、若々しいハリ・ツヤを回復します。

〇ケミカルピーリングの併用

ダーマペンを使用した後にピーリング剤を塗布し、真皮からの強力なコラーゲン増生作用で施術直後から皮膚の滑らかさやハリ、弾力、小じわの改善を感じられる効果が期待できます。

数ヶ月にわたり真皮内でコラーゲンが生成されるので、効果の持続性にすぐれており、ニキビ跡や毛穴の凸凹も目立ちにくくなりなります。

〇皮膚再生施術

再生医療といわれる、自身の血液から抽出した血小板PRPをダーマペンで細かい穴を開けた肌に浸透導入させる施術です。

組織を若返らせる成長因子によって、シワ・たるみの改善をはじめとした高い肌の再生効果が期待できます。

約3ヶ月ほどかけて徐々に改善効果があらわれてきます。

数日間は赤みなどのダウンタイムがありますが、1回の治療で6~12ヶ月間効果が持続します。

針なのに痛みと赤みは大丈夫?ダーマペンのメリット&デメリット

ダーマペンのメリットとデメリット

ダーマローラーや注射器を使った注入施術より痛みの少ないダーマペンですが、ほかにデメリットはないのでしょうか?

ダーマペンのメリット&デメリットを列挙してみます

ダーマペンのメリット

  • 他の注入施術と比較して副作用やダウンタイムが少ない
  • 現役のニキビを早く治す
  • 色素沈着を薄くする
  • ニキビ跡の凹みを目立たなくする
  • 毛穴黒ずみを目立たなくさせる
  • 傷跡や切り傷を目立たなくする
  • 肌にハリを出し小じわ改善が期待できる
  • 肌のターンオーバーの活性化する
  • コラーゲンやエラスチンの増加
  • 他の注入施術と比較して痛みや赤みが少ない

ダーマペンのデメリット

  • 1回の施術では効果が期待出来ず複数回の施術が必要
  • 金属アレルギーの方は施術が受けられない
  • ダーマペン自体は薬剤を注入できない
  • 部位や施術方法によっては赤みやダウンタイムがある

ニキビ&毛穴ケアならクリニックでダーマペンを受けましょう

ダーマペン、おすすめのクリニック

ダーマスタンプやダーマペンはネット通販でも販売されています。

しかし、専門知識のない方がダーマペンを自分で使用するのは考えものです。

ダーマペンと一緒に美容成分を導入するのは、さらにリスクが高まります。

ダーマペンによる施術は専門のクリニックで受けましょう

ダーマペンの施術の流れ

ダーマペンの施術の流れを見ていきましょう。

①洗顔

洗顔でお化粧を落とします。

②麻酔

施術したい箇所に直接振りかけたり、ガーゼに染み込ませて施術したい箇所につけます(約10分)

③施術

成長因子、ヒアルロン酸、ペプテド、ビタミンを配合した製剤を塗り、ダーマペンをスライドさせながら真皮層に直接浸透させます。(施術時間約10分)

④アフターケア

クーリングします。施術した部分が少し赤くなるので冷やします。施術部位や個人差によりクーリングせずそのまま帰宅できる方もいます。(15~30分)

ダーマペン4の施術を受ける時の質問&注意事項

ダーマペンの施術についてよくある疑問点や注意事項についてまとめます。

〇どのくらいの頻度で治療すればいいですか?

ニキビ跡の凹みやニキビ痕の色素沈着には3週間から4週間程度間隔を空けての施術ペースがおすすめです。

〇かなり重篤なニキビですが、ダーマペン4を受けることはできますか?

通常のニキビなら大丈夫です。しかし状態によって重篤な場合は、まずは抗生物質などでニキビの炎症を抑えてから、ダーマペン4の施術を行います。

〇ヒアルロン酸を注入している場合、何日程度の間隔を空ける必要がありますか?

ヒアルロン酸を注入後2週間程度間隔を空けることが必要です。

〇ダーマペン4の使用に関しての禁忌事項

以下の症状の方はダーマペン4を受けることはできません。

  • 単純性ヘルペス
  • いぼ
  • 皮膚硬化症
  • バクテリア 真菌感染症
  • 開いた傷口
  • 日光角化症
  • 皮膚癌
  • 血友病
  • 酒さ(重篤な場合)
  • 尋常性ざ瘡 (にきび) (重篤な場合)
  • 鉄アレルギー

キレナビではニキビ跡改善や毛穴ケアのさまざまな施術方法を簡単に検索することができます。気になる方は下記のリンクを確認してみましょう。

まとめ

ダーマペンは皮膚に微細な無数の穴を空けることで、お肌のターンオーバーを活性化し、また肌の修復過程でコラーゲンやエラスチンを増幅させ、ニキビ跡や傷を修復したり、毛穴の黒ずみの改善効果が期待できる医療機器になります。

お肌の恒常性を維持して肌本来の活力を取り戻す効果が期待できます。

導入する美容成分の選択は症状や目的に合わせて医師の診断を仰ぐのが安全です。

ダーマペンは専門のクリニックで施術を受けましょう

※参考書籍
『美容医療超実践講座』編者・宮田成章、㈱全日本病院出版会、2017.07.15

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

キレナビではお得な情報をメルマガでも配信しています。
メールアドレスだけで登録いただけます。
この機会に是非お申込みをお願いします。


 

TagKeywordこの記事のタグ