シワを防止するためには?シワの種類と原因を知って正しく対策しよう

年齢を重ねると増えてくるシワ。シワが気になって思いっきり笑えないという方も少なくないでしょう。そこでこの記事ではシワの原 … 続きを読む シワを防止するためには?シワの種類と原因を知って正しく対策しよう

この記事は約8分で読み終わります。

年齢を重ねると増えてくるシワ。シワが気になって思いっきり笑えないという方も少なくないでしょう。そこでこの記事ではシワの原因とそれぞれの対策についてご紹介。ぜひご自分のシワがどんな原因でできているのかを理解して適切な対策を取ってくださいね。

シワにも種類がある

シワには乾燥ジワ、表情ジワ、真皮ジワという大きく分けて三つのシワがあります。それぞれどんなものか原因と一緒にご紹介します。

・乾燥ジワ

まずは乾燥ジワです。乾燥ジワは、別名、小ジワ、ちりめんジワとも言われ、乾燥が原因で主に目元や目尻見られるシワのことを指します。20歳を超えると人の肌は保湿力が低下していくので、そのまま放置しておくと汗腺が少ない目元や目尻は乾燥によるシワが増えてきてしまいます。

肌は、外側から表皮、真皮、皮下組織の3層でできていますが、乾燥ジワは、最も外側の表皮にできるシワ。表皮の角質細胞に含まれているアミノ酸の低下や、角質細胞をつないでいる細胞間脂質の低下が原因です。化粧水などの水分を肌の中にキープしておくことができず、蒸発してしまい、乾燥につながります。

・表情ジワ

次は表情ジワ。笑ったり、怒ったり、びっくりしたりと表情を作る時に顔にできるシワが、表情をやめてもそのまま皮膚に残ってしまうのが表情ジワです。目尻、眉間、額などに多く現れるのが特徴です。

顔にはたくさんの表情筋という筋肉があり、表情を作る時はこの筋肉を動かしています。そして、その表情筋の上にある皮膚は筋肉の動きに合わせて波打つ状態になります。若い時はこの波打つ状態も表情をやめるように気をつけることで、対策できますが、紫外線を浴びたり気候よって肌を乾燥させたりすると、皮膚の中のコラーゲンやエラスチンが減少し、皮膚の形状記憶力が弱まり、元に戻らず表情ジワとなってしまうでしょう。

・真皮ジワ

最後は真皮ジワ。これは乾燥ジワ、表情ジワよりも重度のシワです。肌は外側から表皮、真皮、皮下組織の3層でできていると先ほどご説明しましたが、外側から2番目の真皮にあるコラーゲンに深く刻まれたシワのことです。乾燥ジワが表皮にできるシワですので、さらに深くなってしまった状態です。

目の下、ほうれい線、首などにできるのが特徴で、老化や紫外線の影響で皮膚の弾力性が低下したり、加齢による表情筋の衰えたりし、皮下脂肪が増え、重力に負けてしまうことで表皮がたるみ、シワとなります。たるみの重さは皮膚にとっては相当のもので、皮下脂肪が垂れ下がっている状態ですから、当然そのシワも深くなります。原因は乾燥ジワと同様に、乾燥や紫外線によるコラーゲンとエラスチンの減少です。

また、真皮ジワは、加齢や紫外線の影響のほかに、長時間のデスクワークなどの影響もあります。猫背の姿勢を続けると顎が前に出るため、首に向かって顔面の筋肉が引っ張られた状態になります。重力に加えて首元へ顔の皮膚が引っ張られるので、当然たるみの原因となります。

目次へ

シワの種類別防止方法

では、どうすればシワを軽減、予防させることができるのでしょうか?ここからは原因別の対策をご紹介します。

・乾燥ジワの対策

まず乾燥ジワは、保湿成分たっぷりの化粧水と油分の多く入ったアイクリームを使い、肌の中に潤いを閉じ込め、水分の蒸発を防ぎましょう。口元のシワには、油分の多いナイトクリームや乳液を重ね付けするのがおすすめ。しっかりと保湿しても改善が見られない場合は、真皮ジワに進行している可能性が高いので、真皮ジワの対策をする必要があります。

注意点としては、目元の皮膚は大変薄くて弱いため、強く押したり引っ張ったりしないこと。皮膚が伸びてシワの原因になってしまうこともあります。アイメイクをしっかりした時はアイメイクリムーバーでやさしくオフするようにして、ごしごしとこすらないようにしましょう。目をこすったりするのもNGですので、花粉などのアレルギーの季節は目がかゆくならないようにしっかりと対策しましょう。

・表情ジワの対策

表情ジワの根本原因も乾燥ですので、乾燥ジワ同様にしっかりと乾燥対策をすることが必要です。化粧水や乳液でのケアはもちろんですが、紫外線対策もしっかりと行いましょう。紫外線は肌を最も老化へ導く要因。皮膚組織がダメージを受け、体内の活性酸素を増やし老化を速めてしまいます。紫外線は近年では1年中降り注いでいるため、外出するときは日焼け止めクリームや日傘を使用して、しっかりとケアしましょう。

特に、冬場や曇りの日は対策も気が抜けやすいので要注意。気象庁の発表によると紫外線は2月ごろから増加し、7~8月ごろをピークに11月ごろまで降り注ぎます。冬は紫外線量自体は夏よりも少なく約3分の1程度ですが、3倍の時間紫外線を浴びればダメージは一緒です。ホワイトニングとエイジングケアが一度にできる美容液などを活用して予防しましょう。

キレナビ:【送料無料】美白ケアとエイジングケアを同時に♪ <スキンシークレット ホワイトニングブーストWNB>【混ぜて使える万能美容液】

・真皮ジワの対策

真皮ジワは手ごわく、しっかりとした対策が必要です。乾燥は大敵ですのでこれまで紹介した乾燥対策、紫外線対策はしっかりと行います。その上で、皮膚組織の中のコラーゲンを増やす取り組みが有効です。コラーゲン生成を促進し保湿力をアップしてくれるビタミンCや、細胞に働きかけてコラーゲンを増やす作用のあるレチノールなど抗酸化物質が含まれたものに化粧品を変えたり、定期的にピーリングを受け肌のターンオーバーを促進したりするのも良いでしょう。

クリニック・サロン専用に開発された、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタといった厳選された美容成分をブレンドした美容液なども積極的に活用してエイジングケアをしましょう。

キレナビ:【送料無料】<スキンシークレット EGFブースト>

目次へ

食べ物がシワに影響することはある?

外側からのシワ対策に合わせて、内側からのシワ対策も必要です。せっかくコラーゲンやレチノール入りの化粧品を使っていたとしても、コンビニ弁当や外食が中心では台無し。身体の内側からもしっかりと肌に働きかけましょう。

・シワができやすい食べ物

適量は問題ありませんが摂りすぎるとシワの原因となるのが油分、お酒、糖分などが原因といわれていることもあるようです。

油分は体内で脂肪分を酸化させ、抗酸化物質を消費し、老化を進めます。顔に脂肪がつくことで、たるみの原因にもなります。揚げ物、スナック菓子、マヨネーズなどはもちろんのこと、洋菓子、コーヒーミルク、ドレッシングなどにも油分が多く含まれているので要注意。特に、スーパーやコンビニで何度も熱を入れて使用する油は、酸化が激しく、体内に入った後も沢山の抗酸化物質を消費してしまいます。たまに食べるご褒美にして、日常的に食べることは控えた方がよさそうです。

アルコール類は、肌の中のコラーゲン、エラスチンなど、潤いと弾力をキープしてくれる物質を抑制してしまうコルチゾールを分泌させやすくします。飲んだ翌日は肌のツヤがなく、たるんだりくすんだりして見えるのはこのコルチゾールが原因のことが多いそうです。

糖分も、肌の中のコラーゲンが血中の余分な糖と結びつく「糖化」という現象を促進してしまいます。糖化したコラーゲンは代謝されず肌の中に蓄積してしまうため、肌がくすんだり、肌を固くして弾力や柔らかさを奪ったりしてしまうこともあるようです。

ですが、逆に、食べないダイエットもお肌を構成するたんぱく質と脂質が不足してしまうので、たるみ、シワの原因となってしまいます。肌を作るのは良質なたんぱく質と脂質。肌のターンオーバーを正常にするためのビタミンCもバランスよく摂取することが必要です。

・シワを予防する食べ物

シワを予防する食べ物もたくさんありますので、積極的に取り入れましょう。ただし、極端に食べ過ぎても良くありません。バランスよく、適量を摂取することが一番肌のシワ対策と老化防止につながります。

まず、コラーゲンを多く含む牛すじ、もつ鍋、鶏皮、手羽先などや、肌の弾力に必要な鉄分を多く含むレバー、ひじきなどはシワ予防に重要な食べ物だと言われています。鉄分は皮膚でコラーゲンを生成するために必要な成分です。食べ物から摂取するのが難しい場合は、サプリメントなどを活用すると良いでしょう。

また、ビタミンCを含むキウイ、いちご、グレープフルーツなどの果物や、ブロッコリーなどの野菜も、コラーゲン生成を促してくれ、体内の老化の原因である活性酸素を除去してくれるのでおすすめ。コラーゲンやエラスチンの生成に必要なオメガ3脂肪酸を含む鮭、マグロ、イワシなどの魚類もシワ予防に役立ちます。

さらに、真皮のコラーゲン生成を促す働きがある女性ホルモンに似た働きをする豆乳、豆腐、納豆などの大豆イソフラボンも積極的に摂取すると良いでしょう。

目次へ

まとめ

シワができる原因と対策、シワができやすくなる食べ物とシワを予防しエイジングケアにも役立つ食べ物をご紹介しました。シワの予防と対策は、一晩でできるものではありません。日々の生活でできるところから努力を重ねて、10年後も輝く肌を目指しましょう!

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ