年々気になるシワ…美容整形施術でも用いられるボトックス注射について

年々増えてくるシワ。自分で頑張ってケアしていても目尻や眉間、おでこのシワが中々改善しないと悩んでいる方もいらっしゃるでし … 続きを読む 年々気になるシワ…美容整形施術でも用いられるボトックス注射について

この記事は約6分で読み終わります。

年々増えてくるシワ。自分で頑張ってケアしていても目尻や眉間、おでこのシワが中々改善しないと悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。一方で海外セレブやモデルなど、ボトックス注射などの美容技術を上手く利用して、美しい肌をキープしている人も見かけますよね。そこでこの記事では、一般に浸透しつつあるボトックス注射で期待できる効果と、引きおこる可能性がある副作用についてご紹介します。ぜひ、良い面と悪い面をしっかりと理解したうえで、シワを改善するためのケア方法を選択してくださいね。

ボトックス注射は表情ジワに良い?

ボトックス注射とは、ボツリヌス菌から生成されたボツリヌストキシンというタンパク質を、シワのある部位に注射する治療法です。筋弛緩作用で顔の筋肉の動きを止め、皮膚をのばすことでシワの改善効果があるといわれています。

もともとは1980年代頃から、脳卒中後に手足の筋肉がつっぱるという後遺症への治療や、顔面けいれんの治療として使用されてきた薬剤のようです。近年は美容整形目的でも多く使用されるようになってきました。

ボツリヌス菌は食中毒の原因菌として有名なので、「食中毒にかかるのでは? 」と不安に思うかもしれませんが、菌を注射するわけではなく、菌を精製したものを使用するため食中毒にかかることはありません。

ボトックス注射は表情ジワの治療に多く使用されています。表情ジワとは、笑ったり怒ったりする表情筋の動きに連動して生じるシワのことを言います。表情筋を動かすと、その上にある皮膚が波打つ状態になりますが、年齢を重ねるとその波打つ状態が元にもどらなくなり、表情ジワに。ボトックスは表情筋を一定期間動かなくさせる効果が期待されており、その上にある皮膚のシワを軽減させることができるといわれています。

ボトックス注射は、注射後に成分が神経に取り込まれていき、2~3日後に落ち着いていくようです。部位や使用する薬剤によっても異なりますが、持続効果は3~6ヶ月前後あるとされています。そのため、シワを改善しつづけるには継続的な注射が必要でしょう。

例えば、米国アラガン社製の「ボトックスビスタ」を使用し施術を行うと、額や眉間、目尻で約6 ヶ月間、鼻や首、顎では約3~6ヶ月間効果が持続するといわれています。

また、ボトックス注射をシワ予防として活用する方も増えています。表情ジワは、表情を動かせば動かすほど大きく、深くなっていくため、シワが気になり始めた20代後半から30代の若い時からボトックス注射をすれば、10年後、20年後の予防になるでしょう。

おでこ、眉間、目尻など表情ジワが多く発生する箇所に、定期的に予防としてボトックス注射をした場合と、しなかった場合の双子姉妹を比べた海外研究では、明らかにボトックス注射を定期的に行っていた方が、シワの発症が軽いという結果も出ています。

目次へ

ボトックス注射は何にいいの?

ボトックス注射は表情ジワを改善する目的以外にも幅広く使用されています。

例えば、小鼻を小さくする目的。小鼻が広がっていると人と話している時や笑った時に気になってしまい、コミュニケーションにも支障が出ることがありますよね。ボトックスは筋肉の緊張をほぐす作用が期待されているため、小鼻の過剰な外側への力が緩和され、小鼻の広がりを小さくすることができるとされています。鼻頭の丸みやふくらみも同様の効果で小さくする効果が期待でき、鼻の形全体を引き締めることができるでしょう。

また、顎の凹凸を解消するためにも活用されます。顎の凹凸は口角や唇の表情にも連動することが多く、表情が不機嫌に見えたり、こわばった表情に見えたりしがち。ボトックスを注射することで顎にかかる余計な筋肉の力を緩ませ、ごわごわとした質感を改善できるかもしれません。注射する箇所を口元まで広げることで口角も上がり、鼻下から口元、顎までのラインを綺麗に整える効果が期待できるでしょう。きっと表情も明るくなります。

横に大きく張ったえらを小さくする効果も期待されています。目尻や口元、眉間に比べて注射する量や回数は多くなる傾向にありますが、えら付近の筋肉を縮小させるため、頬の脂肪も減少し全体的にかなり小顔になる効果が期待できます。また、発汗を抑制する効果も期待されており、汗が多く出るワキや鼻の下などに注射し、多汗症の治療にも使用されています。

目次へ

知っておくべきボトックスの副作用

良いことばかりと感じるボトックスですが、注射で体に異物を注入するわけですから、副作用が起こる可能性ももちろんあります。主な副作用に、注射部の痛み、かゆみ、発疹、腫れなどがあげられます。これは、薬の効果が予想以上に強く表れたため起こると考えられていますが、時間とともに薬の効果が弱まり、回復していくでしょう。

よく言われている副作用として表情の違和感があります。特に額や眉間にボトックスを注射した場合、筋肉が動かなくなるために表情が乏しくなる、笑っているのに目の周りの筋肉は動かずに目がつったようにみえるといった副作用です。これらのケースは眉間と額のボトックス注射の量や場所のバランスがとれておらず、どちらかだけが強く筋肉の弛緩が出てしまっているために起こると考えられているため、追加注射で直ることもあります。

ただし、追加で額や眉間にたくさんのボトックス注射をすると、眼瞼下垂(がんけんかすい)という「まぶたが重い」や「目を開けにくい」という副作用を起こしやすくなります。額や眉間の筋肉が動きにくくなったため、まぶたや目の周りの筋肉が引きつって動かしにくくなるためです。二重の場合は上へのひきつりにより「二重の幅が広くなった」や逆に「まぶたが重くなり奥二重や一重のようになった」「眉毛が下がり目が細くなった」という報告もあります。

また、眉間の表情ジワにボトックス注射をした症例を対象に、国内臨床試験を行った結果、総症例数578事例中、188例、割合にすると32.3%で副作用の報告されたことも分かっています。眉間の表情ジワでの症例では、頭痛、眼瞼下垂、注射部の疼痛が主な副作用だったそうです。

目次へ

まとめ

シワを改善するために有効とされている美容整形治療、ボトックス注射についてご紹介しました。ボトックス注射は表情ジワや小鼻のふくらみ解消、えらの解消、顎の凹凸の解消まで様々な症状に効果が期待されている治療法です。ただし副作用が出る可能性も考え、十分に検討し、適切な場所に適切な量、間隔で治療を行えるように医師としっかりと相談の上、治療を行ってくださいね。

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ