シミの治療方法にはどんなものがある?

一口にシミといっても、表れる場所や原因によって種類は異なります。最近ではクリニックでシミの治療を行う方も増えてきましたが … 続きを読む シミの治療方法にはどんなものがある?

この記事は約6分で読み終わります。

一口にシミといっても、表れる場所や原因によって種類は異なります。最近ではクリニックでシミの治療を行う方も増えてきましたが、シミの種類に応じて正しい治療方法を選択しなければ、悪化する危険性もあるのです。ここでは、シミの種類とそれぞれに良い治療方法について解説します。

代表的なシミの種類は4つ

代表的なシミの種類として、4つ挙げられます。シミの治療方法を知る前に、種類ごとの特徴を確認しておきましょう。

老人性色素斑

最も一般的なシミが、老人性色素斑と呼ばれるものです。老人性色素斑は顔のあらゆる部分にできますが、特に頬骨の高い位置にできやすい傾向にあります。大きさはさまざまで、直径数mmから数十mmです。形状は丸く、はじめは薄い茶色ですが段々と濃くなり、黒くはっきりとしてきます。

老人性色素斑ができる原因は、紫外線や肌の老化です。紫外線のダメージから肌を守るためにメラニンが過剰に作られたり、老化によってメラニンがうまく排出されなくなったりすると、老人性色素斑として残ってしまいます。加齢とともに目立つようになりますが、若い方でも紫外線を大量に浴びていると、老人性色素斑ができることも。

肝斑

女性が悩むことの多いシミとして、肝斑が挙げられます。肝斑は頬骨周辺に、左右対称にできるシミです。頬骨以外に前額や頬、上唇、下あごなどにできることもあります。色は淡い褐色や暗い褐色で、老人性色素斑ほど黒くならないことが多いです。

肝斑は紫外線による影響や、ホルモンバランスの乱れによってできます。特に妊娠中の方やピルを飲んでいる方は、女性ホルモンのバランスが変化することで肝斑ができやすいです。更年期に入り、ホルモンバランスがこれまでと変わった方も肝斑ができることがあります。

炎症後色素沈着

ニキビや虫刺されによる傷などで肌が炎症を起こした場合、治っても跡が残ってしまうことがあります。これは、炎症後色素沈着というシミです。場所を問わず、ニキビ跡や虫刺され跡にできるのが特徴。赤いものから黒っぽいものまで色はさまざまで、大きさも異なります。

雀卵斑

雀卵斑は、鼻や頬の周辺に散らばったようにできるシミです。そばかすといった方がイメージしやすいという方も多いでしょう。直径2縲鰀3mmほどの小さな点のような形状と、薄茶色の色合いが特徴。円形ではなく、三角形や四角形であることが多いです。

雀卵斑はほかのシミよりも遺伝的要素が強く、幼児期から思春期にかけて目立つ傾向にあります。もともとあった雀卵斑が、紫外線を浴びることで濃くなり、余計に目立ってしまうことも。

目次へ

シミの治療方法①レーザー治療

シミの治療方法として有名なのが、レーザー治療です。医療用レーザーを当てることで、セルフケアでは改善が難しいシミでも、比較的短時間で消せます。レーザーにもさまざまな種類があるので、医師と相談した上で最適なものを使用することになるでしょう。老人性色素斑や雀卵斑は、レーザー治療と相性がよいです。

一方、炎症後色素沈着や肝斑に使用すると、シミが濃くなってしまいます。特に炎症後色素沈着にはレーザーの使用は厳禁。きちんとシミの種類を見極めてから、レーザー治療を行う必要があります。複数種類のシミが確認できる場合には、クリニックに相談してみましょう。

多くのクリニックでレーザーによるシミ治療が行われていますが、保険が適用されず費用全額が自己負担となり、大きな出費になることも。さらに場合によってはシミが再発する恐れもあるため、注意してください。

目次へ

シミの治療方法②薬

シミの治療方法は、レーザーだけではありません。飲み薬や塗り薬を用いて治療することも多いです。シミ治療によく用いられる薬には、以下のようなものがあります。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、肌の漂白剤ともいわれる美白剤の一種です。アルブチンやコウジ酸などといった美白成分に比べて、約100倍もの美白作用があるといわれています。メラニン生成の際に活動する酵素の働きを抑えて、新たなメラニンが作られるのを防ぐのが特徴です。

美白剤として老人性色素斑や炎症後色素沈着など多くのシミを薄くできますが、雀卵斑に対しては効果に限界があることも。雀卵斑は遺伝的要素が強いため、美白剤で色を薄くできても完全に消すのは難しいのです。

ハイドロキノンは外用薬としてシミ治療に用いられますが、強い作用を持つため医師の処方のもとで使用することが義務付けられています。クリニックでハイドロキノンの処方を受ける場合は、アレルギーや炎症反応についてきちんと確認しておきましょう。

トレチノイン

トレチノインは、ビタミンA誘導体の別名であるレチノイドの一種です。ピーリング剤に似た外用薬で、もともとニキビ治療に用いられてきました。現在では小ジワやシミに対しても良いとされ、アンチエイジングの治療に使われるようになっています。

トレチノインの特徴は、古い角質をはがしたり、メラニンを排出したり、皮膚の再生を促進したりすることです。主に米国で治療に用いられていますが、日本の厚生労働省ではまだ認可されていません(2018年9月現在)。そのためクリニックでは、独自に改良されたものが処方されることが多いです。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は、色素沈着を抑制する内服薬。肝斑の治療によいとされています。肝斑の治療をする場合は、必要に応じてトラネキサム酸のほかに、ハイドロキノンやビタミンCなどの美白外用剤を組み合わせることも。

トラネキサム酸の内服薬を使用すると、有効成分が皮膚のすみずみにまで行き渡るため、表皮の中でも特に深い場所にあるメラノサイトにも働きかけます。メラノサイトに直接アプローチすることで、メラニンを作れという指示を出さないようにし、メラニンが作られなくなるのです。

薬による治療にもレーザーによる治療にも同じことがいえますが、カウンセリングなどを通じて医師や看護師としっかり相談した上で、治療を受けるようにしましょう。

目次へ

まとめ

シミは種類によって最適な治療方法が異なるため、自身にできたシミの種類を正確に把握する必要があります。また、複数種類のシミが同時にできていることも珍しくありません。

クリニックでシミ治療を受ける際は、カウンセリングを通じて自身のシミについて理解した上で、納得できる方法を選択するようにしましょう。

この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ