皮膚科でのハイドロキノン治療

ハイドロキノンを使ったシミ治療。メリットもあればデメリットもある!

ハイドロキノンとは何か知っていますか? シミの治療方法として代表的なものがレーザー治療ですが、同じく広く使われているのが … 続きを読む ハイドロキノンを使ったシミ治療。メリットもあればデメリットもある!

この記事は約6分で読み終わります。

ハイドロキノンでシミ治療ハイドロキノンとは何か知っていますか?

シミの治療方法として代表的なものがレーザー治療ですが、同じく広く使われているのがハイドロキノンを使ったシミ治療です。

ここでは、ハイドロキノンを使ったシミ治療について知りたいという人のために、どんな治療方法なのか、副作用はないのか、といった点を解説していきます。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとは何かハイドロキノンとは、イチゴやブルーベリー、麦芽、紅茶、コーヒーなどにも入っている成分です。

メラニンの合成を抑制し、美白作用があることが分かっています。

アメリカでは古くから美白剤としてハイドロキノンが使われ、シミを消すための塗り薬としても処方されてきたという歴史があります。

アメリカなどに旅行したことがある人なら、ハイドロキノンが配合された美容液やクリームなどの化粧品を目にしたことがあるかもしれません。

日本では長い間、ハイドロキノンは医師の管理下にある場合に限って使用が認められていました。

そのため、ひと昔前まではハイドロキノンについては、“聞いたことがない”という人がほとんどだったのではないでしょうか。

しかし、2001年に薬事法の規制が緩和されたことで、日本でもハイドロキノンを化粧品などに配合することができるようになりました。

ハイドロキノンを使った美白化粧品が少しずつ見られるようになってきたため、美白に関心がある人の中ではハイドロキノンの知名度も上がってきています。

化粧品のハイドロキノン濃度は4%以下

ハイドロキノンに美白作用があることから、最近ではハイドロキノンを配合した美容液やクリームなどが増えてきています。

市販の美白化粧品に配合されているハイドロキノンの濃度は低く、4%以下にとどめられています

これは、この濃度のハイドロキノンは副作用も出にくく、医師による診察なしでも安全に使用できる濃度ということで、4%以下にとどめられています。

ただ、その分シミなどへの作用はマイルドになっています。

濃度5%以上のハイドロキノンなら皮膚科へ

市販の美白化粧品では、ハイドロキノンによる作用を高めるために濃度5%以上のものを使いたいと思っても、買うことができません。

どうしても濃度が5%以上のものを使いたい場合は、皮膚科で処方してもらえます

皮膚科ではシミ治療のための塗り薬として、濃度5%~10%までのハイドロキノンが用いられています。

なので、シミを消すために「濃度が高いハイドロキノンを使用したい」という場合は、皮膚科で医師の診断を受けるのがおすすめです。

専門医と相談しながら処方するようにしましょう。

皮膚科でのハイドロキノンによるシミ治療

皮膚科でのハイドロキノン治療ハイドロキノン自体は浸透性があまりよくないので、ほとんどの場合、シミ治療の際にはトレチノインと併用して処方されます。

トレチノインには角層のメラニンをはがしたり、メラニンを皮膚の深いところから浅いところに排出したりする作用があります。

ですので、ハイドロキノンと一緒に使うことでハイドロキノンを浸透しやすくし、ハイドロキノンの作用をより高めることが可能に。

トレチノインを併用したシミ治療

1日2回、朝晩にシミの気になる部分にトレチノインの軟膏を塗っていきます

軟膏はシミからはみ出さないように塗るのがポイントです。

しばらくおいて、乾いたらハイドロキノンをシミがある部分よりも少し広めに塗ります。

薄いシミであれば1~3カ月ほどで徐々に薄くなっていきますが、濃いシミの場合は薄くなるまでに3カ月以上かかることも

皮膚科では肝斑やソバカス、炎症後色素沈着、日光黒子などのシミ治療の際にハイドロキノンにトレチノインを併用して処方しています。

ソバカスや炎症後色素沈着、日光黒子は比較的短期間のうちに取れますが、肝斑はやや時間がかかります。

ハイドロキノン治療のデメリットとは?

ハイドロキノンのデメリットは何かシミ治療に使われるハイドロキノンですが、濃度が高いものだと、赤みやかゆみ、ヒリヒリなどの炎症や、腫れ・かぶれ、水疱といった副作用が起こることもあります

治療の際に副作用が起こりやすいのは、ハイドロキノン自体の安定性が悪く、酸化しやすいという性質があるためです。

特にハイドロキノンが酸化した際にできるベンゾキノンという成分は、刺激性が強く、肌トラブルを引き起こすこともあります。

純度の悪い製品や劣化したものを使うと副作用が起こる可能性が高くなりますので、使用しないようにしましょう。

ハイドロキノン使用中にUVケアを怠ると、シミが濃くなることがあります

これもひとつの副作用ではありますが、きちんとUVケアをしていれば回避できることですのでUVケアは忘れずに行なうようにしてください。

トレチノインの併用によって副作用が起きることがある

ハイドロキノン単独では副作用が出ないものの、トレチノインを併用すると副作用が出るというケースがあります

もしも、かぶれやヒリヒリなどの炎症を感じるのであれば、まずトレチノインの使用を中止するようにしましょう。

トレチノインの使用をやめた後も副作用が出続けるならハイドロキノンが原因だということになります。

他にもトレチノインの副作用として、皮膚の皮むけ・皮膚が赤くなるといったものがあります。

ただし、これはトレチノインが効いていることの証拠でもありますので、使用を中止するというよりは、塗る回数を減らすなどして、様子をみるのがおすすめです。

いずれにせよ、何らかの症状が出た場合は、医師に相談しましょう

個人輸入などによる購入には注意が必要

最近では、ハイドロキノンやトレチノインを個人輸入などによって購入する人もいます。

しかし、中には純度の悪い製品や劣化したものも混ざっている可能性がありますので、安全性については疑問が残ります。

また、ハイドロキノンは塗り薬の中でも刺激が強い部類に入るので、医師の診断なしで長期に渡って使用することには、リスクが伴います。

皮膚科などで確かな品質のハイドロキノンを処方してもらい、医師の指示の元に使うことが、トラブル予防には欠かせません。

まとめ

皮膚科のシミ治療で用いられる、ハイドロキノンについてお話しました。

市販の美白化粧品の中にもハイドロキノンを使用したものが増えてきていますが、濃度が5% 以上のものだと皮膚科で処方してもらわなければなりません。

個人輸入での購入も可能ですが、安全にハイドロキノンを使用するためには皮膚科での治療をおすすめします

TagKeywordこの記事のタグ