手洗いをしっかりと

新型コロナウイルスは正しく怖がる

問題が大きくなるにつれて、何が正しい情報なのかよくわからなくなっている人も多いのではないでしょうか。 誤った情報に惑わさ … 続きを読む 新型コロナウイルスは正しく怖がる

この記事は約7分で読み終わります。

問題が大きくなるにつれて、何が正しい情報なのかよくわからなくなっている人も多いのではないでしょうか。

誤った情報に惑わされて、振り回されないよう注意しましょう。

厚生労働省も積極的に情報を発信しております。(発信の仕方に工夫は必要だとは思いますが…)それを参考にして、各自、対策をしていくことが大切です。

新型コロナウイルスに関しては、正しく怖がる、ということが大切です。

一般的な衛生対策として、石けんやアルコール消毒液などによる手洗いをおこなうことです。

以下、厚生労働省のWebサイトに掲載されていることです。しっかりと読んで正しい対策をしていきましょう。

※厚生労働省Webサイトより抜粋

問1 コロナウイルスとはどのようなウイルスですか?

発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染を起こすものは6種類あることが分かっています。それらの中には、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスも含まれています。それ以外の4種類のウイルスは、一般の風邪の10~15%(流行期は35%)の原因となるものです。
詳しくは、国立感染症研究所「コロナウイルスとは」をご覧ください。
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/9303-coronavirus.html

問2 新型コロナウイルスはヒトからヒトへうつるのですか?

新型コロナウイルス感染症の現状からは、ヒトからヒトへの感染は認められるものの、我が国において、現在、流行が認められている状況ではありません。
風邪やインフルエンザと同様に、まずは咳エチケットや手洗い等の感染症対策を行うことが重要です。

問3 新型コロナウイルスは動物からうつるのですか?

新型コロナウイルスは、ペットから感染するものではありません。なお、動物を媒介する感染症は他にありますので、普段から動物に接触した後は、手洗い等を行うようにしてください。

問4 二次感染のリスクはありますか?

ヒトからヒトへ感染したという例が報告されています。感染のしやすさは、インフルエンザと同等であるなど様々な研究が世界では報告されていますが、確かなことは現時点では分かっていません。

問5 潜伏期間はどのくらいですか(その期間も感染しますか)?

潜伏期間は現在不明ですが、他のコロナウイルスの状況などから、最大14日程度と考えられています。
なお、世界保健機関(WHO)の報告によれば、現時点の潜伏期間は2-10日とされています。
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/situation-reports

参考までに、他のコロナウイルスについては、国立感染症研究所「コロナウイルスとは」をご覧ください。
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/9303-coronavirus.html

問6 無症状病原体保持者から感染しますか?

無症状病原体保持者からの感染を示唆する報告(https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2001468)もみられますが、現状では、今回の新型コロナウイルスについてまだ確実なことはわかっていません。通常、肺炎などを起こすウイルス感染症の場合、症状が最も強く表れる時期に、他者へのウイルスをうつす可能性も最も高くなると言われています。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/about/transmission.html

問7 新型コロナウイルス感染症はどのように感染するのでしょうか?

新型コロナウイルス感染症がどのように感染するのかについては、現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。
(1)飛沫感染
感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染します。
※主な感染場所:学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所
(2)接触感染
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れてウイルスが付き、別の人がその物に触ってウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。
※主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

問8 感染を予防するために注意すべきことはありますか。心配な場合には、どのように対応すればよいですか?

まず、一般的な衛生対策として、石けんやアルコール消毒液などによる手洗いを行っていただくようお願いします。
咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手でおさえると、その手で触ったドアノブなど周囲のものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の人に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。特に電車や職場、学校など人が集まるところで実践することが重要です。
また、持病をお持ちの方などは、上記に加えて、公共交通機関や人混みの多い場所を避けるなど、より一層の注意をするようお願いします。
14日以内に湖北省への渡航歴のある方あるいはこれらの方と接触された方で、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、事前に保健所へ連絡したうえで、受診していただきますよう、御協力をお願いします。また、医療機関の受診においては、湖北省の滞在歴があることまたは湖北省に滞在歴がある方と接触したことを事前に申し出てください。

問9 咳エチケットとは何を行うことですか?

咳エチケットとは、感染症を他人に感染させないために、咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることです。
詳しくは厚生労働省のホームページをご覧下さい。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187997.html

問10 一般的に濃厚接触とはどのようなことでしょうか?

必要な感染予防策なしで、手で触れること又は対面で会話することが可能な距離(目安として2メートル)で、接触した方などを濃厚接触者としています。

問11 感染が疑われる場合、どこの医療機関に行けば検査、診療をしてもらえますか?

「14日以内に湖北省への渡航歴がある方あるいはこれらの方と接触された方」ではない場合は、お近くの医療機関を受診してください。
湖北省への渡航歴や感染が明らかな方との接触歴などがあり、発熱や咳などの症状がある方については、最寄りの保健所等に設置されている「帰国者・接触者相談センター」にお問合せください。「帰国者・接触者相談センター」において、武漢市を含む湖北省への渡航歴や感染が明らかな方との接触歴などを確認し、発熱や咳などの症状がある方については、「帰国者・接触者外来」を設置している医療機関をご案内します。
「帰国者・接触者相談センター」は、感染が疑われる方から電話での相談を受けて、必要に応じて、帰国者・接触者外来へ確実に受診していただけるよう調整を行います。
「帰国者・接触者相談センター」は、2月上旬を目処に、各保健所に設置されます。
なお、相談時間等につきましては、最寄りの保健所にお問合せください。
なお、設置までの間は、下記のホームページをご覧いただき、最寄りの保健所にお問い合わせください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/hokenjo/

さらに詳しくは、厚生労働省のWebサイトをご覧ください。
あわてず騒がず、冷静に対処しましょう。
(文:キレナビ編集部特別班)
0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ