新型コロナウイルスアンケート結果概要

新型コロナウイルスについて。医師が患者に求めることとは?

WEBを見ていましたら、医師人材総合サービスを提供する株式会社エムステージが、医師向けに、アンケート調査をしていました。 … 続きを読む 新型コロナウイルスについて。医師が患者に求めることとは?

この記事は約5分で読み終わります。

WEBを見ていましたら、医師人材総合サービスを提供する株式会社エムステージが、医師向けに、アンケート調査をしていました。『新型コロナウイルス感染拡大。かかりつけ医・クリニックが患者さんに求めることとは?』という内容です。その内容が、今後の参考になりそうなので一部まとめました。

新型コロナウイルスアンケート結果概要

まず、自分が罹患してしまったかも、という時には、帰国者・接触者相談センターに相談をすることが前提ですが、医療機関に受診をする際は来院前に事前に電話での連絡、症状の説明をしてほしいという回答が半数以上、ありました。

やはり、突然の来院は困るようです。

なので、今後の懸念点としては、ウイルスが潜伏期間中で無症状の患者さんが来院され、待合室などで他の患者さんや、医療従事者へ感染が広まってしまうことや、電話連絡や問い合わせなどの増加により窓口業務が増えてしまうこと、医療機関の混雑により定期外来受診、一般外来受診の患者さんの待ち時間が増えてしまうことなどが今後の可能性として、考えられそうです。

新型コロナウイルスアンケート結果概要
マスク、手洗いはこの時期は必須

新型コロナウイルスを疑ったら

・来院予定の医療機関へ電話での事前連絡
・熱の推移など症状の経過や中国への渡航歴や新型肺炎・新型コロナウイルス感染者との接触の有無など状況をまとめておくこと。
・医療機関受診の前に、自身(または家族)の症状や状況をまとめておき、事前に電話での相談。

以下、医師のコメントを抜粋しました。

「熱型をしっかり記録し、症状経過を正確に伝えてほしい。来院前の連絡もマストです。」(総合診療科)
「電話連絡してもらいたい、高齢者や子供は経過のわかる付き添いの人がついてきてほしい。」(内科)
「海外渡航歴、接触歴、濃厚接触者の症状をまとめること。」(内科)

医師の前でやってほしくないこと

・連絡なしの突然の来院
・情報を開示しない(嘘をつく)
・症状や所見がないにも関わらず検査を求めること
・たとえ症状があっても検査ができる医療機関が限られていることを理解してほしい

以下、医師のコメントを抜粋しました。

「相談センターへ電話相談もせず、当院にも事前に連絡もせずいきなり受付へ現れる事だけはしないでもらいたい。」(耳鼻咽喉科)
「(事前に連絡がなく)診察室でいきなり申告してくること。」(整形外科)
「必要な情報を提示しない、突然来院すること。」(漢方)
「症状・所見がないのに検査のみ希望する。」(内科)
「解熱剤で無理に熱を下げること」(内科)

これらのコメントを見てみると、患者側のモラルを求められていますね。

新型コロナウイルスが疑われる患者の家族へお願いしたいこと

・外出を控えて、同居でもできる限り接触を避ける
・衣服や身に着けるものを分けること
・自身も検温するなど健康状態に気を付けること

以下、医師のコメントを抜粋しました。

「可能な限り外出しない、家庭内での感染症予防対策。」(内科)
「テレワーク推奨、自宅待機推奨、食事時間を家族とずらし共有を避けること。」(総合内科)
「家族も外出を控え、手洗い・うがいを徹底する。」(腎臓内科)
「なるべくタオルや身に着けるものは分ける。」(皮膚科)

家庭名での感染予防とともに、拡散させない行動を求められていますね。

新型コロナウイルス今後の懸念点

・ウイルスの潜伏期間で無症状の患者さんが来院されることで、院内で医療従事者や他の患者さんに感染してしまうこと
・電話相談など窓口業務の増加、それに伴う混雑・
・そもそもの患者数増加による患者さんの待ち時間の増加

以下、医師のコメントを抜粋しました。

「無症状の保因者の外来受診、一般の風邪との鑑別。」(内科)
「潜伏期間にある患者がそうとは知らず来院して感染を広げてしまう事。」(耳鼻咽喉科)
「病院でコロナウイルスの飛散蔓延の可能性。」(皮膚科)
「医療者への感染で外来中止など病院機能が停止への懸念。」(腎臓内科)
「微熱と咳は多いもの。区別がつかないしすべて相談センター後に検査では処理しきれないのでは。」(内科)

医療従事者へ感染が広がると、病院機能がまわらなくなる可能性がありますからね。そうするとさらに広がってしまう可能性があります。

新型コロナウイルス
自分たちでできることをまずしっかりとやろう。

まとめ

新型コロナウイルスの感染拡大、新型肺炎罹患者の増加により、指定医療機関だけでなくかかりつけ診療所や病院でも、疑い患者さんの対応が必要になってくることが予想されます。

帰国者・接触者相談センターへの電話相談が大前提ではあるものの、風邪やインフルエンザの罹患も疑われる中で医療機関にいかないという選択肢はなかなか選びにくく、医療機関に来院する場合は来院前に電話で症状の説明などをしっかりとし、医療機関でのパニックや感染拡大を防ぐことが重要です。

無症状患者さんの来院などで感染拡大が懸念される中、現状では手洗い、うがい、マスクの着用、手指消毒、外出や人出の多い場所に行くことを控える、など各自の感染予防が大切となります。

パニックにならず、冷静に行動することが私たちにも求められています。

今回の記事に参考にしたもの
■「新型コロナウイルス感染拡大。かかりつけ医・クリニックが患者さんに求めることとは?」
対象:「Dr.なび」会員医師
方法:インターネット調査(会員医師へのメールマガジンにより回答フォームを送信)
調査:株式会社エムステージ

0
この記事に関するお問合わせ

TagKeywordこの記事のタグ